742,482点出品中

Pinkoi 台湾デザイン散歩 | 孩在 Hi! Kidlut

Pinkoi はアジア最大級のデザイナーズマーケットです。日々の暮らしにも、特別な日の贈りものにも。優れたデザイナーによる、創造性ゆたかな商品をお楽しみいただけます!

台湾の素敵なデザインのお店を紹介する「台湾デザイン散歩」。今回Pinkoi編集部が訪れたのは、たくさんの学生で賑わう師大路の路地裏にある小さなお店「孩在 Hi! Kidlut」。

店内に並ぶ台湾をはじめとした香港、日本、ニューヨークなど国内外のデザイナーの作品は、どれも素朴で温かみのあるものばかり。その一つ一つに、子どもの頃のピュアな思いやワクワクする気持ちを持ち続け、暮らしの中の美しさを感じてほしいという願いが込められています。

 訪れる人のノスタルジーを強く掻き立てるようなレトロな郵便箱台湾の家をモチーフにした作品に囲まれながら、店長のHsin Tienさんにお話を伺いました。

 ※ 日本語字幕をオンにするには、動画右下の「字幕」と表示されるアイコンを押してください。

 

どんなデザインが良いデザインだと思いますか?

良いデザインとは、生活と調和するデザインだと思います。

例えば、をテーマにしたポストカード「貓肥家潤」(愛猫が太っているのは家計が潤っている証拠)は、猫好きのお客様から「かわいい!わかる」と共感を呼んでいます。ユニークさだけでなく、生活に密着していることが良いデザインではないでしょうか。

 

子供の頃の忘れがたい思い出はありますか?

放課後に、友達と一緒に縄跳びをして遊んだことが最も忘れがたい思い出です。

当時は小さな路地にある家で暮らしていたのですが、毎日夕方になると、近所の家々の窓からお母さん達が晩ご飯だから帰るように子ども達に呼びかけていた光景が記憶に残っています。

 

いつまでも子ども心を持ち続ける秘訣は?

実は、子ども達に混ざって一緒に遊ぶのが大好きなんです!生活していると楽しいことばかりじゃないけれど、でも本当は無理をして共感できないことに合わせる必要はないと思うんです。子どもの頃のピュアな気持ちを忘れずに、自分が何をしたいのかを問い続け、勇気を出して行動するようにしています。 

 

Pinkoi とのストーリーを教えてください。

Pinkoi を知ったのは3、4年前の「台湾デザイナーウィーク」というイベントの時です。ちょうどPinkoi のブースが私の隣だったのですが、美しいレイアウトが印象的でした。Pinkoi のウェブサイトも魅力的で、私の商品にマッチするのではないかと感じたんです。Pinkoi は、デザイナーと積極的にコラボしていると思います。私はPinkoi Zineの愛読者で、トップページに商品が掲載されると励まされているんですよ!そしてPinkoi のお客様との交流を通して、作品を見ていただいていると実感しています。

 

お気に入りの商品は何ですか?

Hill gold candleです。

このキャンドルにお願い事をしたら、なんと全部実現したんです!もったいないから大切に飾っておきたいという方も、灯りをつけてみると、キャンドルが燃えていく過程の美しさをきっと実感できるはずです。

 

Pinkoiでショップをオープンさせたい人に、アドバイスはありますか?

まず商品写真がとっても重要だということ!それからお気に入りのスタイルで、ありのままの自分を表現すれば、作品を心から気に入ってくれる人に出会えるんじゃないかと思います。

 

Hi! Kidlut

Pinkoi ショップ
Facebook

台湾デザイン散步をもっと読む
►►► MITファッションブランド「許許兒 xuxuwear」
►►► 食がテーマの創作空間「什物 a kind of café」
►►► 多肉植物ファン必見のショップ「有肉 Succulent & Gift」

テキスト: Ayumi

記事のカテゴリー:トピックス

記事執筆者は、外部サイトやブロガー・デザイナーが発信する情報、他者の著作物を引用する場合、必ずその帰属を表示します。引用元が不正確であった場合、または記載漏れは意図的になされたものではなく、通知を受けた後に修正を行います。Pinkoiで公表された全てのコンテンツを「私的使用」並びに「営利目的」で使用する場合には、以下のルールを遵守してください。

  1. 必ず引用元としてPinkoi.comと明記の上、URLをリンクしてください。
  2. 必ず本来の記事内容を保持してください。掲載されている全ての文章データ及び画像や動画、logoを無断で変更する事は禁じられています。
« 倫理ポリシー » 全文を読む
prev next