海外販売の確定申告!知っておきたい5つの基本知識

Pinkoi はアジア最大級のデザイナーズマーケットです。日々の暮らしにも、特別な日の贈りものにも。優れたデザイナーによる、創造性ゆたかな商品をお楽しみいただけます!

海外販売をしているデザイナー

今年もやってきました、確定申告の時期。毎年2月から3月にかけては、作品の制作に確定申告...とネットショップオーナーのみなさまはいつも以上に忙しいのではないでしょうか。特に海外販売にかかわる確定申告については、出回っている情報も少なく、苦戦する方も多いはず。

今回のデザイナーズガイドでは、1人のアクセサリデザーナーAさんの例をもとに海外販売の確定申告について5つのポイントを紹介します!


【アクセサリーデザイナーAさんのプロフィール】

アクセサリーデザイナーさんの確定申告

・日本在住の専業デザイナー
・開業届けを出した個人事業主
・扶養なし(独身)
・年間の売上は800万円、経費を除いた所得は400万円ほど
・複数のネットショップで販売
・販売イベントによる販売もしている
・Pinkoiで海外販売もしている

 

Q1 )Pinkoiを使って海外販売をしています。国内販売については今までも確定申告してきましたが、海外販売分はどのように扱えばいいのでしょう?」

「台湾からの注文」と「日本からの注文」の売上について、両方とも日本で確定申告する必要があるんですよ。日本国籍を持ち1年のうち半年以上、日本に住んでいる場合は、全ての所得を日本国内で課税処理する必要があります

 

Q2)確定申告する際に海外販売分と国内販売分とを分けて記載する必要はありますか?

 「海外販売分」の売上が

●振込主が日本の会社
●日本の銀行経由
●日本円で送金されている

このような場合、通帳を見た時に「国内販売分」との判別はつきません。通帳上は売上の源は「国内販売分」と同様に日本であると考えることができます。そのため、あえて「海外販売分」と「国内販売分」で分ける必要はありません。
こんな人👉Pinkoiで海外販売をしているデザイナーさんはこちらに該当します

※もし海外から送金があった場合は分ける必要がでできます。
こんな人👉Etsyなどで販売しており、海外の口座から送金がある場合

ただ、年間売上が1,000万円を超える場合は消費税の課税対象になるので、海外・国内で分けて管理しておくといいですよ。

海外販売をしているデザイナーの確定申告のポイント

 

Q3)昨年、台湾でPinkoiの販売イベントに初出展しました!このイベントでの販売分についても申告するんですか?

基本的には海外の販売イベントでの売上についても、日本での確定申告の対象となります。

現地で支払った消費税、関税は外国税額控除の対象とはなりません。そのため、商品を海外へ持ち込んだ際に現地の税法に基いて営業税や消費税を支払っている場合でも、日本で申告することが必要です。迷う場合は、ぜひ税務署で聞いてみてくださいね。

 

Q4)では、台湾でのイベントでの売上や経費はいつの時点での為替で申告すればいいですか?

各銀行が過去数年間の毎日の為替レート(TTM)を、ネット上で公開していることをご存知ですか?確定申告時にどの銀行の為替レートを参照するかを、まずは決めてくださいね。決めたら安易に変えてはいけません。(例:みずほ銀行 ヒストリカルデータ)

単式簿記の場合

売上があった年の、銀行の最終営業日時点の為替レートで計算することができます。

台湾でのイベントの売上、経費をそれぞれ外貨単位で集計したら、銀行の最終営業日時点(2017年は12月29日)の為替レートで日本円に換算し、国内分に足して申告してください。

複式簿記の場合

複式簿記で仕訳帳を付けている方は、少しだけ違ってきます。

仕訳帳では、経費のレシート・領収書に記載されている日付の為替レートで日本円に換算し、記帳してください。イベントの売上は、イベントの最終日に外貨単位で集計し、その最終日の為替レートで日本円に換算、記帳しても構いません。

確定申告の準備をする際には単式簿記と同様、1年間の売上と経費を外貨単位で集計し、銀行の最終営業日時点(2017年は12月29日)の為替レートで日本円に換算します。すると、仕訳帳の期中の為替レートとは異なるので、日本円のズレが出てくると思います。期中(仕訳帳)より儲かったら為替差益として差額を仕訳し、損になったら為替差損として差額を仕訳して調整しましょう。

 

Q5)Pinkoiの売上レポートは、確定申告のときにどう仕訳したらいいんですか?

 複数のネットショップを運営している場合、それぞれの売上レポートの形式が異なり、確定申告のときに戸惑うこともあるかと思います。ここでは青色申告の複式簿記を前提に、Pinkoiの売上レポート(2018年2月現在)の仕訳方法をご紹介します。(※申告時、為替レートは実際に振込のあった日のものを使用してください。)

【Pinkoiの売上レポート】

【確定申告時の仕訳】

いかがでしたか?少しでもデザイナー、クリエイター、ネットショップオーナーのみなさまの疑問解消のお手伝いになれば嬉しいです。なお、個々人の状況によって行うべき税務処理が異なる場合もございます。詳しい疑問や不安点については、お近くの税務署、または税理士の方に相談なさってみてくださいね。

 

海外発送って難しそう? と思っているあなたに読んで欲しい記事はこちら
▷ ▷ 海外販売を考えている人必見!あなたにピッタリの発送方法はこれ

今年こそは海の向こうの人にも、あなたの作品を届けよう!
▷ ▷ 海外販売を成功させるために知っておきたい5つのポイントとは?

「ありがとう」を世界中のお客さまに伝えてみませんか?
▷ ▷ 海外販売でリピーターを獲得する方法!外国語でありがとうを伝えよう

記事のカテゴリー:デザイナーズガイド

記事執筆者は、外部サイトやブロガー・デザイナーが発信する情報、他者の著作物を引用する場合、必ずその帰属を表示します。引用元が不正確であった場合、または記載漏れは意図的になされたものではなく、通知を受けた後に修正を行います。Pinkoiで公表された全てのコンテンツを「私的使用」並びに「営利目的」で使用する場合には、以下のルールを遵守してください。

  1. 必ず引用元としてPinkoi.comと明記の上、URLをリンクしてください。
  2. 必ず本来の記事内容を保持してください。掲載されている全ての文章データ及び画像や動画、logoを無断で変更する事は禁じられています。
« 倫理ポリシー » 全文を読む
prev next