1,054,496点出品中

私たちの台湾ブランド!ベスト・オブ・2017【ジャンル別TOP3】

Pinkoi はアジア最大級のデザイナーズマーケットです。日々の暮らしにも、特別な日の贈りものにも。優れたデザイナーによる、創造性ゆたかな商品をお楽しみいただけます!

台湾のモノは好きですか?

この数年、BRUTUS、CREAやananなど有名雑誌の台湾特集を毎月のように目にします。台湾で編集者をしている私にとって、街のいたるところでキラキラとした笑顔で台湾を満喫する日本の方を見かけるたびに、台湾人でもないのに「ありがとう」と心のなかでつぶやく日々…。

日本の皆さんの目が少しずつ「台湾」に向きはじめている…。

この勢いに乗って、今回は台湾発ブランドについて紹介させてください。

なぜならPinkoiは台湾発のクリエイターズマーケット!2017年に日本のみなさんに人気だったブランドをジャンルごとにガチのランキング形式で紹介します。台湾発の「アイテム」にも、皆さんの目線が少しでも向きますように…。

 

 

台湾のアクセサリーブランド TOP3

👑 第1位👑 La illimit'e cr'ea

女性を引き立たせる、華奢なデザインのアクセサリー♡。またシルバーや14Kゴールドがお手頃価格で購入できるので、Pinkoi上では多くの人がお友達と一緒にまとめ買いしているとか。細いラインなのに美しい La illimit'e cr'eaのアクセサリーたち、もこもこのセーターにきっと合うはず…。台湾でも大人気なので、レビュー欄は台湾女子絶賛コメントで溢れています!(中国語が自動翻訳されて表示されます!)

お店はコチラから⇒ https://jp.pinkoi.com/store/laillimitecrea



第2位:Cloris Gift

クリスタル × フラワーこの2つの言葉にピンと来た方はぜひCHECKしてみたいのがCloris Gift。一年、晴れの日も雨の日も寒い日でも、好きな花と一緒に暮らしてみませんか。

お店はコチラから⇒https://jp.pinkoi.com/store/color-flower

 

第3位:Indigo Studio

色使いがキュートなアクセサリーブランドIndigo Studio。身につけていると友だちから「それ、どこで買ったの?」と聞かれる率が一番高いです。(個人調べ)

お店はコチラから⇒https://jp.pinkoi.com/store/indigo

 

台湾の靴・カバンブランド TOP3

👑 第1位👑 H THREE

今やその勢いは台湾を飛び出し、アジア全域に広がる『H THREE』の革靴。人気の理由は一度見たら忘れられないほどユニークで美しい「色」。形はあくまでもオーソドックス、だからこそ彼らが生み出す優しいグラデーションが際立ちます。2018年は世界的なブランドになっているに違いない…。

お店はコチラから⇒https://jp.pinkoi.com/store/hthree

 

第2位:BAGCOM

収納力があって、軽くて、見た目が良くて、お手頃価格のカバンを探している。こんなわがままな要望を全て満たしてくれるブランドが『BAGCOM』。荷物が多い、お出かけが大好きな人におすすめしたいです。

お店はコチラから⇒https://jp.pinkoi.com/store/bagcom

 

第3位:花見小路

旅行好きな台湾の女の子が、お気に入りの京都の地名を取って、『花見小路』というシューズブランドを創業しました。旅先でも運動靴ではない、歩きやすくてカワイイ靴を履きたい、こんな望みを叶えてくれるシューズブランドなんです。

お店はコチラから⇒https://jp.pinkoi.com/store/simplewarm

 

台湾のファッションブランド TOP3

👑 第1位👑 iohll

iohll』はアジアのクリエイターや美術館とコラボレーションをしながら毎シーズンコレクションを発表しているブランド。彼らの特徴はは常にシンプルなスタイルの中に独創性を感じられる洋服。日本では見られない新しいファッションを探している人におすすめしたいです。

お店はコチラから⇒https://jp.pinkoi.com/store/iohll

 

第2位:SUMI

SUMIは2012年に成立したアパレルブランド。デザイナーは小さな「隅(すみ)」で頑張っていて、夢を抱いている人たちに向けてこのブランドを立ち上げたそう。誰もが持つ心の美しさを洋服によって引き出したいと願う彼らは、デザインから製造までを徹底して台湾で行っているそうです。ミニマムなスタイルが好きな人におすすめ。

お店はコチラから⇒https://jp.pinkoi.com/store/sumi

 

第3位:+10・テンモア

最近日本で書籍が販売されるなど、話題になっている靴下ブランド『+10・テンモア』。彼らの靴下を履いているとなんだかワクワクしてきます。毎日を少しでもHappyにしたいあなた、幸せは足元からですよ!

お店はコチラから⇒https://jp.pinkoi.com/store/10moresocks

 

台湾のステーショナリーブランド TOP3

👑 第1位👑 Tilabunny

ひとことで言うなら「とにかくカワイイ」。見ていると自然に目尻が下がって、口角が上がってきます。うさぎのティナーさんは色んなおいしい食べ物とコラボレーションしていますよ。特にマスキングテープは新作が出るたびにPinkoiの人気NO.1に輝くほど…!小さなお子さんへのプレゼントにも最適です。

お店はコチラから⇒https://jp.pinkoi.com/store/mrstina



第2位:ラ・ドルチェ・ヴィータ

赤いほっぺたが特徴的な女の子のイラストアイテムたちが揃う『ラ・ドルチェ・ヴィータ』。彼らのマスキングテープは今年の秋のPinkoiマステイベントでも大人気でした。

お店はコチラから⇒https://jp.pinkoi.com/store/ladolcevita

 

第3位:Maruco

かわいい動物好きなら絶対に気に入るステーショナリーブランド『Maruco』。マスキングテープ、ノート、などメルヘンなアニマルテイストのアイテムがいっぱい。特に私が気になったのはこちらのスタンプ。右下の寒くて外に出られないスタンプは、今の季節大活躍しそう…。

お店はコチラから⇒https://jp.pinkoi.com/store/maruco03

 

台湾のインテリア TOP3

👑 第1位👑 Daughter

台湾女性はあまりメイクをしないという話を聞いたことはありますか?確かに日本に比べるとすっぴん率はかなり高いです。そしてノーファンデなのにみんな肌がキレイ…。となると気になるのは、スキンケア何使っているの?ですよね。現地の女の子に人気の『Daughter』は自然の恵みから作られたスキンケアブランド。ケミカル系のスキンケアブランドに比べると即効性はありませんが、じわじわ確実に効くとの評判です。

お店はコチラから⇒https://jp.pinkoi.com/store/daughter

 

第2位:Umade Home

台湾のインテリアブランド人気2位は『Umade Home』。一枚飾るだけで部屋のイメージをガラっと変えられるソフトクロスが大人気でした。世界地図、日本地図、台湾地図など地図の種類を選べるのも嬉しいですね。

お店はコチラから⇒https://jp.pinkoi.com/store/umadehome

 

第3位:火山口volcano

台湾で今大人気のマグカップブランド『火山口volcano』。シンプルながらもクスリと笑えるデザイン画いっぱい!冬は温かい飲み物を飲む機会が増えますよね、今年は台湾ブランドのマグを選んでみてはいかが?

https://jp.pinkoi.com/store/volcano

 

 

<編集後記>

編集 岸本は台湾に住んでいるのでよく、友人知人から

「台湾の美味しいお店教えてー」
「キレイな写真が撮れるスポットはどこ?」

という質問を受けます。

でもTHE台湾なお土産(パイナップルケーキ、フェイスパック等)以外の台湾製品に対する質問ってあまりないなとふと思い、この記事を書いてみることにしました。

台湾は小さな島国ですが、他国のいいところをドンドン取り入れて文化を成長させています。そして、今自分たちの「ものづくり」ってなんだろうというアイデンティを求める運動も盛んになっています。

そんな中、彼らが心を込めてデザインし、作り上げた製品を一人でも多くの人に見てもらえたら…そんな野望を叶えるため2018年も頑張ります!

テキスト:岸本 洋子

  

台湾のブランドをもっと知りたいなら
今すぐチェックしたい!ハイセンスな台湾ファッションブランド10選

本文中にも登場した+10(テン・モア)のお話
+10(テン・モア)| 台湾発!毎日履きたい、色とりどりの靴下たち

台湾のオフィスの様子が知りたい?ならこちらを
日本人スタッフYumiのせきらら台湾出張日記!

記事のカテゴリー:編集部のおすすめ

記事執筆者は、外部サイトやブロガー・デザイナーが発信する情報、他者の著作物を引用する場合、必ずその帰属を表示します。引用元が不正確であった場合、または記載漏れは意図的になされたものではなく、通知を受けた後に修正を行います。Pinkoiで公表された全てのコンテンツを「私的使用」並びに「営利目的」で使用する場合には、以下のルールを遵守してください。

  1. 必ず引用元としてPinkoi.comと明記の上、URLをリンクしてください。
  2. 必ず本来の記事内容を保持してください。掲載されている全ての文章データ及び画像や動画、logoを無断で変更する事は禁じられています。
« 倫理ポリシー » 全文を読む
prev next