951,357点出品中

手紙や贈りものを素敵にアレンジ!シーリングワックスを使ってみよう

Pinkoi はアジア最大級のデザイナーズマーケットです。日々の暮らしにも、特別な日の贈りものにも。優れたデザイナーによる、創造性ゆたかな商品をお楽しみいただけます!

心を込めて書いた手紙や大切な人への贈りもの。せっかくだから、ひと手間加えてセンス良くおしゃれに仕上げたい!

そんな方におすすめしたいのが、溶かした蝋でスタンプを押すシーリングワックス(封蝋)です。押すだけで簡単に上品でクラシックな雰囲気が演出できますよ。

 

♔ シーリングワックスの歴史

シーリングワックスの歴史は古く、エジプトでは国王が眠る墓でもシーリングワックスを施した指輪が発見されています。16世紀になると、ヨーロッパの貴族たちの間で大流行し、手紙や機密文書に封印をしたり、署名の代わりとして使われるようになりました。かつては貴族の特権だったシーリングワックスも、時を超えた現在では手紙からラッピング、アクセサリーまで幅広いシーンで使われています。

 

♔ シーリングワックスの種類

蝋燭のような見た目のスティックタイプ(芯あり / 芯なし)から粒状タイプまで、数種類あるシーリングワックス。どのタイプも熱で溶かしてスタンプを押せば簡単に作ることができますが、それぞれ使い方が少しずつ違うので好みにあったものを選びましょう。

 

今回は、スティック状の芯なしタイプの基本的な使い方をご紹介します♪

 

♔ シーリングワックス(芯なしスティックタイプ)を使ってみよう!

☞用意するもの
シーリングワックス、シーリングスタンプ、キャンドルやバーナー、スプーン、カッター

1. お好きな色のワックスを選んだら、適量をカッターで切り取ります。

2. 切り取ったワックスを深めのスプーンに載せます。(ワックスがこぼれないように深めのスプーンを使いましょう。)

3. バーナーやキャンドルの火の上にスプーンをかざし、ワックスをゆっくり溶かします。(火を使うので扱いには十分気をつけてくださいね!)

4. スタンプを押したい場所に、ワックスを少しずつ垂らしていきます。

5. 固まらないうちに、スタンプをそっと押しましょう。

6. ワックスが固まる手応えを感じるまで少し待ちます。

 

7. ゆっくりとスタンプを離すと、完成しました〜!

 

♔デザインいろいろ!シーリングスタンプ

定番のアルファベットの他にも、たくさんある素敵なデザインのスタンプたち。是非お気に入りを見つけて、楽しみながら色々な機会に使ってみてくださいね♪

 

気になるこちらの記事もチェック!
►►►本物そっくり!Kate Katoさんのノスタルジックな昆虫標本
►►►手作りだから安心。アロマ虫除けスプレーを簡単DIY
►►► 遊び心たっぷり!フォトグラファー Valentina Loffredoの「付箋」アートの世界

テキスト : Ayumi

記事のカテゴリー:編集部のおすすめ

記事執筆者は、外部サイトやブロガー・デザイナーが発信する情報、他者の著作物を引用する場合、必ずその帰属を表示します。引用元が不正確であった場合、または記載漏れは意図的になされたものではなく、通知を受けた後に修正を行います。Pinkoiで公表された全てのコンテンツを「私的使用」並びに「営利目的」で使用する場合には、以下のルールを遵守してください。

  1. 必ず引用元としてPinkoi.comと明記の上、URLをリンクしてください。
  2. 必ず本来の記事内容を保持してください。掲載されている全ての文章データ及び画像や動画、logoを無断で変更する事は禁じられています。
« 倫理ポリシー » 全文を読む
prev next