1,079,439点出品中

カワイイが止まらない♡タイ発の水着ブランド10選

Pinkoi はアジア最大級のデザイナーズマーケットです。日々の暮らしにも、特別な日の贈りものにも。優れたデザイナーによる、創造性ゆたかな商品をお楽しみいただけます!

この夏はいつもと違うことにトライしたい…。そんなときはタイファッションの出番! タイは短い冬を除いては、ほぼ一年中夏。ビーチが至るところにあって、ファッションデザインも奇抜でカラフルなものがたくさんあるんです。

セクシーなワンピースタイプ、着やせ効果のあるもの、上品なビキニなど、タイの水着デザインはとっても多種多様でユニーク。デザイナーたちも、力をぬいて楽しみながらつくっているそう。では、さっそく地元っ子が愛するタイの水着の中から、自分に合うものを探してみましょう!

 

1. 夏の主役は私:Oh! Panty

写真緑の水着の名前は、「Eat Your Greens Kids(しっかり野菜を食べて)」。キッチンパーティーがテーマになっているこの水着で、ワンピースタイプの水着の印象が変わりそう。

Oh!Pantyの水着ブランドのコンセプトは、物事を楽しむ気持ちを表現すること。いろいろ組み合わせられるトップスやボトムスは、海やプールだけでなく、軽い運動やアウトドア活動にもぴったり。

また、ブランドのデザイナーが作っていてよかったと思うときは、「お客さんが自分たちの作った水着を見て、ほんの少しでも笑顔になったとき」なんだそうです。

👉これも一緒に

トップボトム別のビキニ
ビーチにぴったりのレザーバッグクラッチバッグ
スポーツブラワンピース水着

▷バッグやスポーツウェア、ルームウェアもおすすめ

 

2. 品質と実用性には自信アリ!:Aprilpoolday

Aprilpooldayは、地元っ子だけではなく、世界のオシャレさんに愛されるタイの有名ブランド。80年代のタイのビンテージスタイルで、幅広い年代の人に受けいれられています。ブランドのたどってきた道は、まさにサクセスストーリーそのもの。2人の若いデザイナーが、プールやビーチで着られる実用的な水着を生み出し、タイだけに留まらず、世界中の人の心をつかんだのです。

Aprilpooldayはバンコク中心部のサトーンエリアにAprilpoolday Boutiqueというお店を構えています。もしバンコクへ行く機会があれば、ぜひ立ち寄ってみてくださいね。

👉これも一緒に

親子ペアルックの水着
水着ラッププリーツスカート

▷もっと見る

 

3. リラックス感が大事:Glamazed

フリルにドレープ、背中のスリット… Glamazedの水着は、魅力的なサマードレスのよう。ビンテージのピンナップ写真のような雰囲気のデザインで、色の種類も豊富です。

カラフルな色とエレガントな素材が特徴の水着を着れば、きれいな白い砂浜で注目の的になりますよ。ビキニトップに入っている白いラインは、アクティブ感を強調して、バストをきれいに見せてくれるようになっています。

👉これも一緒に

ビキニワンピースタイプの水着セット
ビキニ2点セット(レッドパープル) 

▷もっと見る

 

4. 常夏への情熱:Sea Salt & Vinegar Beachwear

無地の水着からはすこし離れて、ここからは柄物の水着をピックアップ。柄物が1着あれば、どこにいてもタイのリゾート気分を味わえますよ。

バンコクに拠点をおくSea Salt & Vinegarは、タイの常夏の雰囲気を愛してやまないブランドです。サンゴ礁や海の波、バナナの葉をモチーフにしたデザインの水着は、終わりのない夏の夢へとあなたを連れていってくれるはず。

👉これも一緒に

ビーチ3点セット(ビキニトップ・ボトム、ベスト)
▷スポーティなラッシュガードの水着もおすすめ

 

5. ギャザーやドレープにみんなの目は釘づけ:Yorata

タイの水着はすごくかわいくて上品だけど、セクシーさが足りないなあ…と感じているなら、Yorataの水着をチェックしてみて。Yorataはタイの水着の中でもセクシーさナンバーワン! 

花柄のプリントに、背中が大きく開いているバンドゥや細いストラップのあるデザインは、ユニークでエレガントなビキニを探している人にぴったり。ホルターネックとしてもバンドゥビキニとしても着られます。

👉これも一緒に

ハイウェストのバンドゥビキニ
ローウェストのバンドゥビキニ
水着とシアーガウンメッシュチュニック

▷体のラインが隠れるデザインもたくさん!

 

6. 地中海の海岸線とライムの香り:Coralist

「最高の水着」。Coralistは洗練された水着ブランドですが、水着自体はすばらしい機能性を誇っています。Coralistの水着を着ると、なんだか地中海の日差しとさわやかな風が感じられるようです。

彼らのつくる水着の中でも着やせ効果のあるTerraKayといった水着は、豪華なプリントや一風変わったディテールにこだわったもので、MyraAyuなどのビキニコレクションは、上品なクロストップビキニを特徴としています。

バンコクのサイアムソイ2やトンローといった最先端エリアへ行けば、Coralistの商品に実際に触れることができます。

👉これも一緒に

どの水着にするか決められないときは、直感で選んでみて。
▷水着に合うガウンやパジャマも一緒にいかが?

 

7. はじまりはデザインスクール:Bullet by AOI

タイの水着ブランドのArmy of Internsから派生したファッションチーム、Bullet by AOIのつくる水着は、ハッと目を引くめずらしいデザインが特徴的。初期の頃からあるベルベットやバイカラーの水着に加えて、最近はネイチャー柄やアーバンモータースーツのデザインも取り入れています。

Bullet by AOIはニューヨークからインスピレーションを受けているそうで、タイのビーチファッションの主流となっているリラックスしたスタイルとは一線を画しています。

👉これも一緒に

宝石がちりばめられたようなスイミングキャップ
▷リバーシブル水着も見てみる

 

8. キャンプファイヤーのオシャレガール:Beach Bonfire Bangkok

昔ながらのひかえめなデザインで、楽しみがたくさんつまった水着がほしいなら、Beach Bonfire Bankokがおすすめ。エレガントなワンピースやロングスリーブの水着が、コバルトブルーやアイボリーなどのパキッとした色でそろっています。

フェミニンなビーチドレスで買い物に行きたい人はもちろん、大きなストローハットに髪を入れこんで、サンダルでビーチに出かけたい人にもぴったりのブランドです。 

👉これも一緒に

水着とタイトなフレアドレス(レストランへ行くときに)
▷ドレスシリーズもたくさん!

 

9. どこか遠くの場所へ流れていく:Daydream

攻めすぎず、普通すぎず。Daydreamの水着には夢がつまっていて、コレクションの名前にも、バブルガムクレーム・ブリュレドーナツムースと甘いお菓子の名前が並んでいます。でもデザインは可愛すぎるということはありません。

海辺の散歩が大好きなデザイナーのということもあり、このブランドは可愛くてファンタジーなルックスと、海で遊ぶときの実用性を兼ね備えたものになっています。プールに遊びにいきたいなあと思ったら、ぜひDaydreamのショップをチェックしてみてくださいね。

👉これも一緒に

色の種類がたくさんあるので、同じデザインで色違いの水着を買ってみても楽しい♪
▷もっと見る

 

10. きみが見えないものも、わたしには見えるの:Maillot.Co

Mailot.Coは、Pinkoi編集部でも大人気。アジア人向けに、ワンピースタイプの水着をセクシーにデザインしたブランドなんです。また、Mailot.Coはタイ国外の人たちを惹きつけたはじめてのブランドで、美しいセット写真をつかった商品紹介で、タイのライフスタイルや友情のあたたかさを伝えています。

👉これも一緒に

水着2着セット(1つは自分用に、1つは友達用に)
水着とヘソ出しトップス
水着とリネンガウン 

▷もっと見る

 

11. ビーチ用アクセサリー:Merry Metric

ビーチへ出かける時、Merry Metricのバッグがあれば、ビーチに行く準備はバッチリです。ハンドメイドで編まれたビーチバッグを1つ用意しておくと、もう海に行くときにあれこれと心配する必要はなくなります。

Merry Metricはとある若いデザイナーが立ち上げたブランドで、農作物などの収穫がない時期の地域の収入を助けるためにはじめたものです。バッグのニットには、コットンの毛糸や麻ひもが使われています。

👉これも一緒に

ハンドメイドの帽子バッグ(防水加工)イヤリング
▷もっと見る

 

探している水着はどんなものですか? 

ユニークな形のもの、今までにないようなセクシーなデザインのもの、カラーが豊富なもの、夏っぽいイメージのもの、単純にビーチに行きたいと思わせてくれるもの。人によって選ぶ基準はさまざまだと思います。

でもどんな水着であれ、タイブランドからはきっとお気に入りが見つかるはず。この夏、周りとかぶらないような斬新なデザインの水着が着てみたいという人は、ぜひ一度タイの水着をチェックしてみてくださいね。

10 Swimwear Brands from Thailand and Why Girls Love Them
抄訳・テキスト:今井 里沙
編集:東 洋子

 

夏をもっと楽しむアイディアはこちらから

▶ ▶ 夏にやりたいこと、夏しかできないことリストを作ってみよう
▶ ▶ 夏本番!海を感じる6つのアイテム
▶ ▶ 夏の美肌作り&水分補給にぴったりなデトックスウォーター3選
▶ ▶ プチプラなのにカワイイ!日本未上陸・アジア生まれのアクセ12選

記事のカテゴリー:編集部のおすすめ

記事執筆者は、外部サイトやブロガー・デザイナーが発信する情報、他者の著作物を引用する場合、必ずその帰属を表示します。引用元が不正確であった場合、または記載漏れは意図的になされたものではなく、通知を受けた後に修正を行います。Pinkoiで公表された全てのコンテンツを「私的使用」並びに「営利目的」で使用する場合には、以下のルールを遵守してください。

  1. 必ず引用元としてPinkoi.comと明記の上、URLをリンクしてください。
  2. 必ず本来の記事内容を保持してください。掲載されている全ての文章データ及び画像や動画、logoを無断で変更する事は禁じられています。
« 倫理ポリシー » 全文を読む
prev next