769,581点出品中

Pinkoiデザイナーの1日に密着!バンコクの下町を探険してきました。

Pinkoi はアジア最大級のデザイナーズマーケットです。日々の暮らしにも、特別な日の贈りものにも。優れたデザイナーによる、創造性ゆたかな商品をお楽しみいただけます!

こんにちは、 Pinkoi編集部です。
日々アイディアを形にすることやモノづくりに励むデザイナーさんの日常を体験してみたい!ということで、今回はタイのショップ Papers のデザイナー Praewさんの一日に密着、バンコクのリバーサイドをお散歩しつつ、素敵な生地を探しに下町にあるサンペーン市場を目指しました ♪

この日、まず私たちが向かったのは BTSシーロム線のサパーンタクシン駅。歩いてPraewさんの母校を目指しました。隣接するのは、左右対称のファサードが美しいロマネスク様式のアサンプション大聖堂。タイでも屈指の歴史あるカトリックの教会です。町のいたるところにお寺があり人口の90%以上が仏教徒を占めるタイですが、少数派ながらもキリスト教やイスラム教などの宗教もしっかりと根付いているそう。タイのちょっと違った顔を覗いてみたい方は、チャオプラヤー川沿いをお散歩がてら立ち寄ってみるのもいいかもしれません。

アサンプション大聖堂
23 Soi Chareon Krung,  40 Chareon Krung rd. Bangrak, Bangkok 10500

  

続いて Praew さんが連れて行ってくれたのは、アサンプション大聖堂のすぐそばにあるHobbyist Cafe。とても小さなお店ですが、木のぬくもりを感じる空間で心地よい時間を過ごすことができますよ。

Hobbyist cafe
Facebook
1326 Charoen Krung rd. Bangrak , Bangkok 10500

 

 サンペーン市場へは、アサンプション大聖堂の裏手にある船着場(Oriental )から、バンコクを南北に流れるチャオプラヤー川を行く高速船に乗って向かいます。運賃は14バーツ、オレンジ色の旗が目印です。風を受けて進む船から見える景色を眺めながら、しばしのんびり。

 

Pak Klong Taladで船を降りたら、タイ最大の花市場パーククローン市場を通ります。ずらりと並ぶ花々は、どれも色鮮やかで本当に美しい!しかも値段もとっても安いので、思わずお財布の紐がゆるんでしまうほど。市場は24時間営業しているのですが、入荷直後の早朝に行くと新鮮なが手に入るのでおすすめです。

パーククローン花市場
10200, 225 Chakphet rd, Wang Burapha Phirom, Phra Nakhon, Bangkok 10200

 

花市場の近くにあるカフェFarm to Tableでひと休み。オーガニックな食材を使って丁寧に作られた美味しいお料理に、Praewさんもこの笑顔。

Farm to Table Organic Cafe
Facebook
179 Atsadang rd, Wang Burapha Phirom, Phra Nakhon, Bangkok 10200



お腹がいっぱいになったところで、町歩き再開です。今回の目的地、サンペーン市場のある下町チャイナタウンエリアで個人的におすすめしたいのが、80年の歴史を誇るタイ初のデパートNightingale-Olympic。足を踏み入れるとノスタルジックな世界が広がり、まるで何十年も昔にタイムスリップしたかのような懐かしい気分に! ディープなバンコクが体験できる知る人ぞ知るスポットです。

Nightingale-Olympic
70 Tri Phet rd, Wang Burapha Phirom, Phra Nakhon, Bangkok 10200

  

そして、ついに今回の最終目的地、雑貨やアクセサリー、手芸用品をまとめ買いする人たちで賑わうサンペーン市場へ。 Praewさんが行きつけの生地屋さんへと案内してくれました。 納得のいく商品を製作するために、Praewさんはいつも気に入った生地を取り寄せたら、まずカフェに行ってデザインやコスト、利益のことなど細部までじっくり考えるそう。そして再びお店に戻って生地を購入し、最後に裁縫職人さんの手に託すのだそうです。

とっても充実していた Praewさんの一日、いかがでしたか?みなさんもバンコクを訪れる際には、是非ローカルな魅力溢れる下町エリアに足を運んでみてくださいね!

 

気になるこちらもチェック
▶▶▶注目のタイ・デザイナーが大集合!Pinkoiピクニックパーティー・イン・バンコク

記事のカテゴリー:今月の特集
関連タグ:タイ

記事執筆者は、外部サイトやブロガー・デザイナーが発信する情報、他者の著作物を引用する場合、必ずその帰属を表示します。引用元が不正確であった場合、または記載漏れは意図的になされたものではなく、通知を受けた後に修正を行います。Pinkoiで公表された全てのコンテンツを「私的使用」並びに「営利目的」で使用する場合には、以下のルールを遵守してください。

  1. 必ず引用元としてPinkoi.comと明記の上、URLをリンクしてください。
  2. 必ず本来の記事内容を保持してください。掲載されている全ての文章データ及び画像や動画、logoを無断で変更する事は禁じられています。
« 倫理ポリシー » 全文を読む
prev next