1,054,496点出品中

2017年Pinkoiマガジンで一番読まれた記事は?TOP10ランキング

Pinkoi はアジア最大級のデザイナーズマーケットです。日々の暮らしにも、特別な日の贈りものにも。優れたデザイナーによる、創造性ゆたかな商品をお楽しみいただけます!

ニーハオ!Pinkoiマガジン編集部の岸本です。

今年の春Pinkoiマガジンの編集長に就任してから、はや8ヶ月。5月から12月までの間、なんと70本以上の記事を執筆編集してきました。

・台湾発のデザイナーズマーケットPinkoiの認知度を上げたい
・台湾在住の私だから書ける台湾タウンガイドを届けたい!
・海外に向けて発信をしている日本人デザイナーの挑戦を知ってほしい!

こんな思いで2017年は様々な記事を制作しました。
そんな記事の中で、今年よく読まれた記事TOPを今日はシェアさせてください。お正月休みのちょっと時間がある時にゆっくり読んでいただけたら幸いです。それではLet's Go〜。

 

第10位:かわいい動物たちが時を刻む!ワクワクを生み出し続ける「関野意匠室+絡繰堂」

関野意匠室+絡繰堂

TOP10は私がPinkoiで初めて執筆したインタビュー記事。かわいい動物たちが時を刻む!ワクワクを生み出し続ける「関野意匠室+絡繰堂」お客さまに喜んもらいたいという熱い思い、そして世界に自分の作品を広めたいという関野さんの情熱に、執筆者の私がずいぶん励まされました。楽しそうにイキイキと制作をされていたのが、とても印象的でした。

 

第9位:台湾で盛り上がるコーヒーカルチャー と厳選おすすめカフェ4店

続いては台湾のコーヒーカルチャーの盛り上がりと、おすすめカフェを紹介した記事台湾で盛り上がるコーヒーカルチャー と厳選おすすめカフェ4店がランクイン。記事内で紹介したカフェはどれも観光本にはあまり掲載されていないものばかり。台湾通そしてコーヒー好きな方にこそ読んでほしいな。台湾茶の次は台湾コーヒーがきますよっ。絶対。

 

8位:いい靴はいい場所へあなたを導く。一生モノの海外ブランドの革靴5選

台湾の革靴を紹介

いい靴が買いたいなら、忘れてはいけないのが台湾。革靴と聞くと。どうしてもイタリアなどヨーロッパ諸国を思い浮かべてしまいます。だからこそ、みなさんに台湾の高品質でお手頃価格なシューズブランドを知ってほしいという思いから、記事いい靴はいい場所へあなたを導く。一生モノの海外ブランドの革靴5選を書きました。

 

第7位:何者でもない私だからこそできるクリエイター支援。海を超えて台湾で実現した芦田瑠衣さんの夢

ある日偶然に自分のTwitterタイムラインに流れてきた投稿がきっかけで、実際に会いに行きインタビューをした何者でもない私だからこそできるクリエイター支援。海を超えて台湾で実現した芦田瑠衣さんの夢。Pinkoiマガジンで編集を始めてから、自分が会いたからという単純な理由だけで、記事を作ったのは実はこれが初めて。このインタビューがきっかけで、これから更に海外進出を目標にしている作り手さんを、応援したいという気持ちが強くなりました。

 

第6位:写真家・濱田英明が語る「人の心を動かす写真の撮り方」


ONE DAY フォトブックより

もともと透明感があって、心のノスタルジックな部分を刺激する濱田英明さんの写真が大好きでした。今年、社外でお会いした時にダメ元でインタビューをお願いしてみたんです。するとなんと!濱田さんが快諾してくれたことでこの記事写真家・濱田英明が語る「人の心を動かす写真の撮り方」が生まれました。記事内の濱田さんの写真作品も一緒に楽しんでくださいね。

 

第5位:思わず二度見してしまう!着る人も見る人も楽しいTシャツブランド「inink」


またまたデザイナーズインタビュー思わず二度見してしまう!着る人も見る人も楽しいTシャツブランド「inink」がランクイン。観る人そして着る人の好奇心をくすぐるTシャツを生み出しているininkさんにお話を聞きました。どんな瞬間に新しいアイディアの種が生まれるのか、日本と海外のデザイン環境の違いは?などお話してくださる内容が、とっても興味深かったです!

 

第4位:3000円で買えるもらって嬉しいプレゼントの選び方【女性篇】

この記事3000円で買えるもらって嬉しいプレゼントの選び方【女性篇】は特にクリスマス前によく読まれました。プレゼントは何を買うべきなのかは、みんな共通の悩みなのかもしれませんね。クリスマス以外でも4月の新生活、誕生日プレゼント、またさりげない贈り物に3,000円の予算はぴったり。ぜひ、迷ったときは参考にしてくださいね。

 

第3位:シンプルなのにオシャレ、大人女子がチェックしたい海外ブランド10選


最近、私の周りでもアジア系ファッションブランドへの関心が高まっているのを感じます!そこで少し新鮮だけど、洗練された着こなしができるアジア系ファッションブランドをまとめて記事シンプルなのにオシャレ、大人女子がチェックしたい海外ブランド10選にしました。記事内で紹介したブランドはどれもシンプルなので、「かわいい」を卒業した大人の女性にぜひ着てほしいです。

 

第2位:今すぐチェックしたい!ハイセンスな台湾ファッションブランド10選

2位にランクインした記事今すぐチェックしたい!ハイセンスな台湾ファッションブランド10選もファッション関連でした。この記事ではPinkoiで販売中のファッションブランドの中でも特に「台湾」にフォーカス。私も普段から愛用しているブランドばかりです。みなさんの気になるブランドが見つかればいいいな。

 

第1位 👑:フジテレビをやめて台湾でアイドルになった男『三原慧悟』に密着インタビュー


2017年、Pinkoiマガジンで一番読まれた記事は…フジテレビをやめて台湾でアイドルになった男『三原慧悟』に密着インタビューでした。誰もが知っている大企業をやめて、自分の道を切り開く挑戦を続けている三原さんのライブに密着したこちらの記事。「感動した!」「自分も挑戦してみようと思った」などなど、たくさんの感想をいただきました。Youtuberと呼ばれる方のインタビューをするのは初めてでしたが、「はっきりとこうなりたい」という目標を持って活動されていることを知ることができました。7,000字を超える長文記事ですが、働き方が多様化している現代を生きるすべての人に読んでほしいです。

 

2017年を振り返って…

私はもともと台北でフリーの編集者・ライターとして働いていました。そこにPinkoiを友人から紹介されて、するすると縁が生まれ、Pinkoiマガジンに携わるようになったのが今年の5月。

Pinkoiという名を日本全国に届ける、そして世界に向けて自分の作品を広めようとしている日本人デザイナーを応援する。この2つの目標のためにがむしゃらで駆け抜けた8ヶ月間。みなさんに楽しんでもらえたかな?台湾や海外のこと、そしてクリエイターについて少しでも興味を持ってもらえたかな?まだまだ不安はつきることはありません。

だからこそ、2018年はもっとみなさんに「Pinkoi」をそして「Pinkoiマガジン」を身近に感じてもらうための取り組みを始めます!(お楽しみに)そしてまだまだ知られていない台湾と日本の作り手さんの魅力を発信していきたいと思います。どうぞ、2018年もよろしくお願いします。

台湾より愛をこめて       
Pinkoiマガジン編集長 岸本洋子

こちらもオススメ

12年に1度の戌年をもっともっと盛り上げよう
フジテレビをやめて台湾でアイドルになった男『三原慧悟』に密着インタビュー

冬嫌い、冷え性なあなたのために書きました
冬にやりたいこと、冬にしかできないこと100をリストアップしてみよう

2017年に人気だった台湾のブランドを5大ジャンル別に紹介
私たちの台湾ブランド!ベスト・オブ・2017【ジャンル別TOP3】

記事のカテゴリー:今月の特集

記事執筆者は、外部サイトやブロガー・デザイナーが発信する情報、他者の著作物を引用する場合、必ずその帰属を表示します。引用元が不正確であった場合、または記載漏れは意図的になされたものではなく、通知を受けた後に修正を行います。Pinkoiで公表された全てのコンテンツを「私的使用」並びに「営利目的」で使用する場合には、以下のルールを遵守してください。

  1. 必ず引用元としてPinkoi.comと明記の上、URLをリンクしてください。
  2. 必ず本来の記事内容を保持してください。掲載されている全ての文章データ及び画像や動画、logoを無断で変更する事は禁じられています。
« 倫理ポリシー » 全文を読む
prev next