【体験レビュー】Pinkoi台湾オフィスで台湾デザイナーと一緒にアクセサリーづくり!

Pinkoi はアジア最大級のデザイナーズマーケットです。日々の暮らしにも、特別な日の贈りものにも。優れたデザイナーによる、創造性ゆたかな商品をお楽しみいただけます!

こんにちは!Pinkoi日本スタッフのゆかりです。
Pinkoiは台湾をはじめ、香港・中国・タイに支社を構えているのですが、先日、本社のある台北へ一週間出張に行ってきました。
出張の期間中、台湾オフィスで開催されたアクセサリーづくりのワークショップに参加したのですが、台湾デザイナーやクラスメイトと一緒にものづくりしたのがとても楽しく、よい思い出になりました!
今回はそのワークショップの様子をレポートしたいと思います。

・Pinkoi台湾で開催しているワークショップ「品品學堂(ピンピンシュエタン)」とは?

Pinkoi台湾では定期的に台湾デザイナーによるワークショップ品品學堂 Pinkoi Experience」を開催しています。クラスは様々で、アクセサリーづくりをはじめ、オリジナルの香水・キャンドルづくりやフラワーアート、更には台湾茶のお茶摘み体験などもあります。人気の台湾デザイナーから直接ものづくりを学べますよ。

開催場所はPinkoiの台北オフィスが多いのですが、中には自身のアトリエを持つデザイナーさんもいて、そのアトリエでクラスを開講することもあるそうです。


テラリウムづくりのクラス 出典:品品學堂 Pinkoi Experience Facebookページ


オリジナルの香水づくりの様子 出典:品品學堂 Pinkoi Experience Facebookページ


フラワーアレンジメントクラスの様子 出典:品品學堂 Pinkoi Experience Facebookページ

 

・クラスの様子はどんな感じ?

今回、私が参加したのは【ドライフラワーとマーブルのピアスづくり】。台湾デザイナー「つばき 椿」さんが先生です。

完成版のピアス。レジンを使って作っていきます。

 

品品學堂 Pinkoi Experienceの教室はPinkoi台北オフィスが入っているビルの6階にあります。教室に入ると各席に道具などがセットされていました。

教室のエントランス。ここで係の人に参加するクラスを告げます。

 

各席にPinkoi特製のマットとその他道具がセットされています。
参加者は私の他に、私と同年代くらいの台湾人の女の子5人でした。

 

まずはドライフラワー選び。先生が用意してくれた黄色と紫のお花から自分の好きなものを選びます。

 

私はこの紫のお花にしてみました!うまくできるかな…ドキドキ。

 

次はお花と一緒にピアスにつけるパーツづくり。先生がお手本を見せながら説明してくれます。

 

レジンを使って作っていきます。マーブルづくりは特に集中力が必要な作業!

 

わからないところがあっても大丈夫。先生が優しく一つ一つ教えてくれます。

 

その後、お花をレジンで固めていきます。

紫外線ライトをあてて固定。この作業を何度か繰り返します。
私はここでかなり苦戦したのですが、隣の席に座っていた台湾人の子が助けてくれました(ありがたい…!)。

 

パーツをつけて完成!私一人ではうまくできない部分が多く、先生の力もかなり借りました(笑)。

 

実際につけてみるとこんな感じ!自分でつくったアクセサリーは想い入れもひとしおです。

 

ーークラスに参加してみて

クラスは全て中国語だったのですが、予め自分が日本人であることを伝えていたので、先生はもちろん、他のクラスメイトもわからない部分があれば手伝ってくれてとても助かりました。

「台湾のどこに行ったことがあるの〜?」とクラスメイトから聞かれたり、「日本の◯◯に行ったことがあるよ〜」と先生が教えてくれたり…台湾人の先生やクラスメイトと交流ができたのも楽しかったです!

普通の観光だけじゃない、何か特別な体験をしてみたいと思っている日本人の台湾旅行者の方に、ぜひオススメしたいです!今回のクラスの長さは2時間ほどだったのですが、台北観光でちょっと時間が空いてしまったな〜という方にも良いかもしれません。

 

・参加方法は?

日本からはPinkoiアプリから予約ができ、受講料の支払いもアプリ経由になっています。
アプリの「ワークショップ」タブから開講クラス一覧が見られます。

カリグラフィーの授業も!たくさんあってどのクラスを受けようか迷ってしまうほど。

 

開催エリアや開催月でも絞り込み検索ができますよ。
台湾旅行の時期に合わせて探してみるのもいいかも!

 

ちなみに、開催エリアは台北以外にも台湾各地に広がっています!
地方に訪れる際も、素敵なデザイナーとの出会いになるはず!参考にしてみてくださいね。

 

なお、授業は基本的に中国語での進行になるため、ある程度中国語でのコミュニケーションができることが必要になります。多少言語に不安がある場合でも、先生やクラスメイトが優しくフォローしてくれるので、きっとこれまでにない台湾での思い出になるはず。

このゴールデンウィーク、台湾に訪れる方もぜひチェックしてみてください!

 

>>info(共に台湾版の中国語サイト)
品品學堂 Pinkoi Experienceホームページ:https://www.pinkoi.events/
Facebookページ:https://www.facebook.com/pg/PinkoiExperience

 

今回アクセサリーづくりを教えてくれた台湾デザイナー「つばき 椿」先生はPinkoiでショップも開館していますよ!

ショップページはこちら↓↓↓ 

記事のカテゴリー:台湾NOW

記事執筆者は、外部サイトやブロガー・デザイナーが発信する情報、他者の著作物を引用する場合、必ずその帰属を表示します。引用元が不正確であった場合、または記載漏れは意図的になされたものではなく、通知を受けた後に修正を行います。Pinkoiで公表された全てのコンテンツを「私的使用」並びに「営利目的」で使用する場合には、以下のルールを遵守してください。

  1. 必ず引用元としてPinkoi.comと明記の上、URLをリンクしてください。
  2. 必ず本来の記事内容を保持してください。掲載されている全ての文章データ及び画像や動画、logoを無断で変更する事は禁じられています。
« 倫理ポリシー » 全文を読む
prev next