レトロなデザインに一目惚れ。日本と台湾を繋ぐ「台湾マジョリカタイル」

このレトロなデザインとカラフルなカラーが可愛いタイル。台湾好きさんなら、一度は目にしたことがあるのでは?

これは「マジョリカタイル」と呼ばれる台湾の伝統的なタイルなんです。しかも、そのルーツは日本にありました。今日はそんな「マジョリカタイル」をご紹介していきます。

台湾「マジョリカタイル」とは?

もともとイギリスのヴィクトリアンタイルを模したデザインが明治維新以降に日本に入ってきたのが「マジョリカタイル」の始まりだと言われています。日本が台湾を統治していた1900年代前半には台湾にも持ち込まれるようになり、一般住宅にも普及していったんだとか。当時は家族の幸せを願って、自宅の玄関周りをマジョリカタイルで装飾していたそうです。

そのデザインには、子孫繁栄の「ザクロ」や、不老長寿の「桃」、開運成就の「ブドウ」など縁起の良い植物や果物が取り入れられていました。マジョリカタイル一枚一枚が幸せをまとっているとされていたのです。

ところが時代の変化とともに、かつては台湾各地で見ることができたマジョリカタイルも姿を消すように…。今では歴史的にも貴重なものになっているんです。

そんなマジョリカタイルに、最近ではアーティストたちが注目。100年近く生産されていなかったマジョリカタイルを再生し、現代にも取り入れられるようにアレンジしています。そのレトロなデザインが目をひき、台湾雑貨のデザインとして取り入れられることも増えているんです。

なかでも、タイルの保護・修理・保存・再生などに注力しているのが、嘉義にある「台湾花磚博物館(台湾タイル博物館」。20年という時間を費やし、かつての台湾タイルの文化と歴史的な向上に力を入れているんです。館内では、コースターやポストカードなど、マジョリカタイルをモチーフにした雑貨も販売されています。

2019年1月には、台北の西門にある「紅樓」に「台湾花磚博物館」の分館もオープン。壁一面に展示されたマジョリカタイルは、まさに圧巻です!嘉義まで行くのが難しい方は、西門の分館をチェックしてみて。

「マジョリカタイル」をデザインに取り入れて


台湾タイル博物館 | 台湾タイルステッカー

春の訪れを感じさせてくれるパステルカラーが可愛い。レトロなデザインが不思議と日常に馴染み、ぬくもりのある空間にしてくれます。お風呂場のタイルに貼って、幸せを呼び込んで。


CreASEnse | スマホカバー

手描き風のデザインが可愛いスマホケース。「マジョリカタイル」と一言で言っても、いろんなデザインがあるのが面白い。色使いにもこだわりが感じられます。


老屋顏工房 | マスキングテープ

好きなところにペタペタと貼れるのが嬉しいマスキングテープにも「マジョリカタイル」柄が登場。お気に入りの手帳やノートに貼って使ってみて。


台湾タイル博物館 | 小さな鏡(幸運のクローバー)

小さい頃に探していた、四葉のクローバー。

クローバーの三枚の葉は、それぞれ希望・誠実・愛情を表し、四枚目の葉は「夢の実現」を意味しているんだそう。この鏡を持ち歩いて、抱いている夢を叶えて。


TZULAï | エナメルカップ

シンプルだけど、可愛い。パーティーやピクニックにはもちろん、ちょっとした小物入れとしても活躍してくれそうです。


Perfume Tiles | 練り香水


「福を招き入れ、延々と続きますように」という想いが込められたパッケージ。バナナは漢字で「香蕉」と書かれ、「蕉」の発音は「招」と近いため、台湾では「招く」という意味として使われてます。パイナップルは台湾語で「旺來」=「益々栄える」を表しています。アロマの香りとともに、レトロな雰囲気が漂う、かつての台湾に思いを馳せて。

 

 

記事のカテゴリー:編集部のおすすめ

記事執筆者は、外部サイトやブロガー・デザイナーが発信する情報、他者の著作物を引用する場合、必ずその帰属を表示します。引用元が不正確であった場合、または記載漏れは意図的になされたものではなく、通知を受けた後に修正を行います。Pinkoiで公表された全てのコンテンツを「私的使用」並びに「営利目的」で使用する場合には、以下のルールを遵守してください。

  1. 必ず引用元としてPinkoi.comと明記の上、URLをリンクしてください。
  2. 必ず本来の記事内容を保持してください。掲載されている全ての文章データ及び画像や動画、logoを無断で変更する事は禁じられています。
« 倫理ポリシー » 全文を読む