971,443点出品中

起業・開業・独立時、多くの人が抱える5つの不安を乗り越える方法

Pinkoi はアジア最大級のデザイナーズマーケットです。日々の暮らしにも、特別な日の贈りものにも。優れたデザイナーによる、創造性ゆたかな商品をお楽しみいただけます!

「自分のブランド・作品を多くの人に知ってもらいたい」こんな夢を描くも、たくさんの心配、不安、恐怖心が頭に浮かび上がり、最初の一歩を踏み出すことができない人が多くいます。

起業 イラスト

しかし、Pinkoiで毎日のように新しいデザイナーがネットショップ運営を始めているのをずっと見ていると、「怖い」という感情は最初の短い期間特有のものなんだと気づきました。「起業」は始める前の想像ほど難しいことではないのです!

またこの「怖い」という感情がきっとあなたの作品やブランドの価値を高めてくれます。自分の弱さと向き合うことで、新しい発想を生み出すデザイナーを私たちはたくさん見てきました。そこで今回は起業をする際に多くの人が抱きがちな5つの不安と向き合い克服する方法を紹介します。最初の一歩を踏み出すきっかけに少しでもなれれば嬉しいです。

 

不安その1:もうほかの誰かが自分よりも早く始めているかも…

自分が思いついたアイディアやデザインをすでに他の人が始めているのではないか

ひらめき アイディア イラスト

確かにそれぞれのアイディアや商品は各自権利を保有しています。まるっきり同じことをすることはできません。しかし別の人がすでに似たような商品を売り出しているのを見てもすぐに諦める必要はありません。クリエイティビティ / 創造性」は商品やアイデイアのコアになる部分です。あなたがブランドや商品に吹き込む命のようなものです。これは100%コピーすることは不可能です。だから自分のアイディアや発想に自信を持ってください。

なぜ自分はこのアイデイアを形にしたいんだろう、このデザインの意味は?など改めて深く考えることで、「クリエイティビティ / 創造性」がより洗練され、その思いはお客様に必ず伝わります。この過程の中で似ている商品と自分の商品の違いもきっと見つけることができますよ。

 

不安その2:自分の作品を販売するなんて恥ずかしい

自分が趣味で作っているものを、公開し販売をするなんて恥ずかしい!

自分が真心を込めて作り出した作品を人に見せる時、何を言われるんだろう?どう思われるんだろう?ちょっと恥ずかしい気持ちになりまよね。この感情はすべてのデザイナーがネットショップを始めた時に抱くもの。でもあなたが生み出した作品はあなたのかけがえのない大事なパートナー。

覚えていてほしいのはお客様は一番のアドバイザーということです。あなたが自分でも気づかなかった商品の良い点を教えてくれこともあれば、改善点を教えてくれることもあります。自分の作品を公開し、様々な意見をもらうことで、あなたのブランドはさらにお客様に愛され、自分の理想に近づくことでしょう!

 

不安その3:誰もどうせ買ってくれないだろう

こどわりの材料と長い時間をかけて作ったから、価格が少し高くなってしまった。これでは誰も買ってくれないんじゃ…?

お金 値段設定

「安くしすぎると利益が出ない、高すぎると誰も買ってくれない。」価格の設定はベテランデザイナーにとっても頭を悩ませる問題です。また新人デザイナーにありがちなケース:「誰かが商品を買ってくれる」この感覚が嬉しくて、価格をついつい低く設定してしまうこと。価格が安いと確かに売れるかもしれませんが、長続きしません。適正な価格で商品が売れるともっと自信がつき楽しくなりますよ。

一度電卓を取り出し、材料費と制作にかかった時間(人件費)から価格を考えてみましょう。そして似たようなジャンルの商品を販売しているデザイナーがつけている値段も考慮して決めましょう。価格設定は正解がありません、自分の心のときめきとお客様の購買意欲のバランスがとれる値段を試行錯誤して見つけるしかないのです。

 

不安その4:時間とお金が足りない!

毎日忙しくて忙しくて…どうやって創作用の時間を作ればいいの?

創作 手作り イラスト

やっぱりこの現実的な問題を避けては通れませんね。でも自分にとってのベストタイミングを待ち続けても、生涯一度もそんなタイミングは来ないかもしれません。自信の源はやっぱり継続的な練習や試行錯誤あるのみ。売れっ子作家さんやデザイナーも練習と学習の積み重ねで今の地位までたどり着きました。毎日10分でもいいから創作をしたりデザインを考える時間を作ってみましょう。毎日の小さな積み重ねは必ずあなたの夢を後押しします。

ブランドを設立するには必ずたくさんの創業資金が必要なのでしょうか。お金を借りる前にまずこの3つの点について考えてみましょう1)ブランドやショップ運営が起動に乗るまでは、切り詰めて生活ができるか。2)現時点の貯金でいつもで生活をすることが可能か。3)財務管理計画表があるか。この3点に対してはっきりと自分の答えを用意できたけれど、それでも不安が消えない場合は、まず今の仕事と並行して副業からブランド経営を始めてみるのもオススメ。

 

不安その5:失敗するのがやっぱり怖い

もし起業をして失敗したらどうしよう、自分が成功をおさめる姿が想像できない

悩み 岐路 起業

どんな失敗からでも必ず学べることがあります、でも同じ場所で現状維持をしても学べることはありません。

助けてくれる家族も友達もいない、資金もまだまだ足りない…またアイディも煮詰まっていない…。こんな考えがふと頭をよぎり、起業しようとしていた熱意が消えそうになるときがきっとあるでしょう。もちろん起業や独立は大冒険の連続です。世界的に有名な起業家も最初は何度も失敗を繰り返し、その失敗を活かして更に強くなり自信をつけてきました。

でもまず考えてみてください。起業をすることで得られることはたくさんありますよ。例えば、新しい今まで知らなかったコトやモノに出会える、経営に関する知識を体験しながら学べる、そして必ず新しい人に出会い色んな刺激を受けることができる等。これら全てはあなたの財産、あなたの将来の道を広げ成長していくためには欠かせません。

もちろん、失敗することも時にはあるでしょう。でも「失敗=終わり」ではありません。諦めない限り可能性は無限大。さぁ、勇気を持って一歩を踏み出してみましょう!

 

まとめ

Pinkoiの人気ショップのデザイナーもみな最初は試行錯誤でショップ運営をスタートしています。色々試して失敗をすることで新しい知識やひらめきを得て成長をし今の地位を築いたのです。こちらからいろんなデザイナーの歩みをぜひ読んでみてください。きっとあなたに必要なヒントがありますよ。また私たちは全てのデザイナーの無限の可能性を信じています。私たちと一緒にあなたの素晴らしい商品やデザインをPinkoiで世界に届けませんか?

 

ショップ経営を始める時に読むべき記事はこちら

► ► 好きなことを仕事にして成功するための5つの条件とは
► ► 海外販売を成功させるために知っておきたい5つのポイントとは?
► ► 商品写真撮影の基礎講座(全3回)
► ► 人気ショップが必ず実践している5つのブランディング必須項目とは

記事のカテゴリー:デザイナーズガイド

記事執筆者は、外部サイトやブロガー・デザイナーが発信する情報、他者の著作物を引用する場合、必ずその帰属を表示します。引用元が不正確であった場合、または記載漏れは意図的になされたものではなく、通知を受けた後に修正を行います。Pinkoiで公表された全てのコンテンツを「私的使用」並びに「営利目的」で使用する場合には、以下のルールを遵守してください。

  1. 必ず引用元としてPinkoi.comと明記の上、URLをリンクしてください。
  2. 必ず本来の記事内容を保持してください。掲載されている全ての文章データ及び画像や動画、logoを無断で変更する事は禁じられています。
« 倫理ポリシー » 全文を読む
prev next