970,396点出品中

めざめ後のお白湯でカラダもココロもごきげんになる5つの理由

Pinkoi はアジア最大級のデザイナーズマーケットです。日々の暮らしにも、特別な日の贈りものにも。優れたデザイナーによる、創造性ゆたかな商品をお楽しみいただけます!

Pinkoiマガジン6月の月間特集は『気持ちいい朝活』前回、夏至を迎える6月は朝活を始めるのに最高のタイミングという内容をお届けしましたが、今回からは実践編です!まずはすべての朝活の前にまず取り入れたい「お白湯」。知っているようで意外に知らない「お白湯」の真の実力とアレンジレシピを紹介します。

どんなサプリメントよりも「お白湯」がイイ5つの理由

1)体を内側から温めて冷えをとる

 年中を通して多くの女性を悩ませる「冷え性」。気温が低い冬の間はもちろん、夏場でもエアコンの冷気によって手先や足元の冷えを感じる人も多いのではないでしょうか。そんな年中冷え性のあなたにぴったりなのが「お白湯」です。お湯をゆっくり体内に取り入れることによって、内臓が温まるので体の内側から冷えとりができるのです。特に寝起きは体温が一番低い時間帯、しっかり体温を上げて1日を快適にスタートするためにもお白湯は最適なのです。

 

2)適切な水分補給がむくみを解消 

朝起きて鏡を見て、顔がパンパンにむくんでいるのにビックリ!こんな経験はありませんか?私も以前むくみ解消のために水分摂取を控えていた時期がありました。しかしこれは大きな間違い。実はお白湯を飲むことは憎きむくみ解消にとっても効果的なのです。なぜなら体内で水分が少なくなると、脱水症状を避けるために水分を蓄えようと身体が働くから。就寝中に汗で出ていった水分をしっかり補うことが、むくみにくい体づくりにつながるのです。 

毎朝のお白湯が楽しみになるマグカップ♪SMILEカップ

 

3)するん!と朝から快腸で便秘知らずに

便秘の大きな原因の1つに体内の水分不足が挙げられます。水分をこまめに取る習慣をつけるだけでも、腸内環境の改善は可能。しかし胃や腸が冷えてて働きが鈍くなっている場合、きちんと中から温めて上げる必要があります。水分補給と腸を温めるというふたつの働きをしてくれるお白湯。お通じがいまいちなら、まずは1週間試してみましょう。

 

4)免疫力UPで毎日絶好調

風邪をよく引きがちな人に多いのが低体温症。人は体温が1度下がるだけで免疫力が30%以上落ちます。一方、体温を1度上げれば免疫力はなんと5倍に!風邪を引くと発熱するのも、ウイルスを撃退する体内の免疫システムの働きによるもの。現代日本人は冷たいもののとりすぎで低体温化し免疫力が落ちています。朝1杯の白湯で体温を上げ、あらゆる病気を遠ざけましょう。

日替わりでマグを変えてみる?白粘土のマグカップ 

 

5)簡単に自律神経を整えられる

自律神経は体内のあらゆる活動を調整するために24時間働き続けている神経のこと。ストレスや疲れによる自律神経の働きの乱れは、さまざな健康トラブルのもとになります。お白湯で内臓を温めれば、消化吸収の働きが改善されます。そうすると食事から摂取した栄養がきちんと全身に行き渡るようになり、元気が出てきます。また、新陳代謝もよくなるので、身体の毒素が排出されやすくなります。しっかり栄養を吸収して老廃物はしっかり出す、この流れが自律神経を安定させるカギなのです。

 

正しいお白湯の作り方

☞基本編

ではさっそくお白湯を作ってみましょう!

① やかんに150ミリリットル程度のお湯を入れる

② フタをせずに沸騰後さらに10分〜15分ほど熱する

③ カップに注いで人肌より少し熱い温度になるまで冷ます(50度くらい)

夜につくって保温ボトルに入れ、枕元に置くのもおすすめステンレス保温ボトル

 

☞アレンジ編:しょうがとレモン白湯

基本編の白湯にレモンの果汁を数滴と生姜のスライス2〜3枚を入れるだけ!

✔ レモンは排出力が高いのでレモン入りのお白湯は朝の1杯だけにしておく
✔ ミネラルソルトや七味、はちみつを少々加えるのもおすすめ

 

まとめ

身体を温めてスッキリとした目覚めを促す、スムーズな排便を促すなど朝のお白湯にはメリットがたっぷり。朝活を始める前にカラダとココロを整えれば、1日の始まりがさらにHappyになります。冬、厚着をしすぎて雪だるまのようになっていた冷え性の私も、「朝のお白湯」習慣を初めて人並み程度に寒さに強くなりました!今から始めれば今年の冬は暖かく過ごせますよ。

次回は効果バツグン!頭が良くなる朝読書・勉強のススメをお届けします。お楽しみに♬

 

気持ちいい朝活、これも試してみる?

▶▶▶ 今がベストタイミング!朝活を始めるべき5つの理由
▶▶▶ ALL10分以下、忙しい朝に最適!簡単に作れるレシピ3選
▶▶▶ メリットいっぱい!朝の運動をゆるく長く続けるコツとは

テキスト:Yoko 

記事のカテゴリー:今月の特集

記事執筆者は、外部サイトやブロガー・デザイナーが発信する情報、他者の著作物を引用する場合、必ずその帰属を表示します。引用元が不正確であった場合、または記載漏れは意図的になされたものではなく、通知を受けた後に修正を行います。Pinkoiで公表された全てのコンテンツを「私的使用」並びに「営利目的」で使用する場合には、以下のルールを遵守してください。

  1. 必ず引用元としてPinkoi.comと明記の上、URLをリンクしてください。
  2. 必ず本来の記事内容を保持してください。掲載されている全ての文章データ及び画像や動画、logoを無断で変更する事は禁じられています。
« 倫理ポリシー » 全文を読む
prev next