765,537点出品中

音楽がテーマのデザイン展「SOUND OF DESIGN 聽見設計」in 台北をレポート!

Pinkoi はアジア最大級のデザイナーズマーケットです。日々の暮らしにも、特別な日の贈りものにも。優れたデザイナーによる、創造性ゆたかな商品をお楽しみいただけます!

台北からこんにちは、Pinkoi編集スタッフのAyumiです。
華山文化園区にて10月15日まで開催中の「SOUND OF DESIGN(聽見設計)」展へ遊びに行ってきました。今日はその様子をレポートしたいと思います。

毎日の暮らしに潜むあらゆる物音に耳を澄ませてみよう!

「SOUND OF DESIGN(聽見設計)」は、5つのブランドと20名以上のクリエイターが参加する「音」を切り口にしたデザイン展。まるでひとつの巨大な劇場のように多様なモノゴトが混ざり合う都市の生活に耳を傾けると、一体どんな音が聴こえてくるのでしょう?「聴覚」を軸に、視覚・嗅覚・味覚、さらに想像力をフル活用して体験できる様々な仕掛けが、会場内に設置された200以上のデザイングッズと装置に散りばめられています。

それでは、さっそく展示エリアをのぞいてみましょう!

チケットに隠された秘密とは?

票卷也能用聽的?(チケットで音が聴けるの?)
沒錯,歡迎拿起您的票卷試試看!(その通り、是非試してみて!)

エントランスを通ると、最初に迎えてくれるオルゴール。壁の案内に従って、チケットをオルゴール本体に通すと優しいメロディーが♪ これは紙巻きオルゴールといって、穴のあいた位置によって何通りものメロディーが楽しめるのだそう。

 

奥深い聴覚の世界が体験できる「波形三兄弟」コーナー

音を3つの波形(正弦波・ノコギリ波・矩形波)に分けて展示してるスペース。例えば、トランペットとバイオリン。耳でとらえると全く違う音色の二つの楽器も、波形レベルでは同じノコギリ波に分類されるそう。聴覚のメカニズムって奥が深い!

 

もしも全てのモノに「音」があったとしたら?

続いては、使われている場所や時代、材質、機能もさまざまな生活用品を集めたコーナー。それぞれのモノをイメージした音色が空間に響きます。

展示されているのは、どれも台湾の人たちの暮らしに根ざしたモノばかり。電鍋でおなじみの家電メーカー「大同」のマスコット人形や、台湾のお誕生日には欠かせない数字型のロウソクもありました!バッグやマグカップなどの見慣れたモノたちは、どんな音がするのかな?と想像しながら見ていくと楽しいです。

 

5つのデザインブランドと音楽とのコラボレーション

次に現れたのは、今回の見所ともいえる展示エリア。衣食住、異なるジャンルの5つのデザインブランドとミュージシャンがコラボした空間です。シンプル、優雅、クラシック、エレガントなど各ブランドが提案するライフスタイルにフィットした楽曲を楽しみながら、五感を駆使してデザインを体験することができます。

Eye Candle x Dipper《You Never Leave》

デザイン性の高いキャンドルでPinkoiでも人気のEye Candleのブースでは、金魚のキャンドルがずらりと展示されていました。ディスプレイの高さは、日本人が金魚すくいをする時の目線に合わせているそう!暗闇に浮かび上がる無数の金魚と電子音楽のサウンドが創り出す幻想的な世界観にぐいぐい引き込まれていきます。

 

#nude x 黃富彥 HUANGFU 《Grayscale》

こちらは、シンプルさを追求したエレガントかつピュアな女性らしいファッションを提案する#nudeのブース。ベージュやアイボリーなどの優しい色合いで統一された空間が素敵です!

 

琅茶 Wolf Tea x 吳定弦《Meditation 冥想》

さらに進むと現れたのは、生成りのカーテンに包まれた琅茶 Wolf Teaのブース。シンプルで落ち着いた空間に流れる《Meditation 冥想》という楽曲が心地よく、じっくりと台湾茶の世界に浸ることができます。

 

Design Butik x 吳子齊《Fashion Grooving》

淡いブルーを基調とした北欧のデザイングッズを扱うショップDesign Butik。

 

Sense30 x Gar Francis《Back in 1985》

クラシックなヨーロピアンスタイルの自転車ブランドSense30。ブース内に展示されているタイヤをくるくる回すと映像が映し出される面白い演出も!

 

遊び心がつまった新感覚おみくじ!

「聽見未來(未来を聴いてみよう)」と題したこちらのコーナーでは、おみくじを引いて未来を占うことができます。まるで台湾のお寺みたい!

大吉をゲット〜!色とりどりのカードの裏に記されたQRコードを読み込むと音楽が聴ける遊び心いっぱいのアイデア。

 

音楽を視覚化すると…

4組のサウンドクリエイターによる音楽を視覚化した空間。カタチある物を音楽を通して表現してきた今回の展示会。最後に現れたこちらのセクションでは、逆転の発想でカタチのない音楽を視覚化するという試みが。それぞれの楽曲の世界観に合わせたデザインが、個性的でとっても魅力的です!

 

「SOUND OF DESIGN 聽見設計」展は、台北の華山文化園区で10月15日(土)までの開催です。会場の説明は中国語のみですが、音楽がテーマの展示会なのでコトバの問題を気にせずに十分楽しむことができますよ。この時期、台北へ旅行にいらっしゃる方はお見逃しなく!是非台湾のデザインシーンに触れてみてくださいね。

 

聽見設計 SOUND OF DESIGN展

公式ホームページ(中国語)
期間:2016年9月30日(金) ~10月15日(土)
時間:11:00 ~18:00
場所:華山1914文創產業園區 中4A館

イベントレポートをもっと読む!
►►►アジアと日本をファッションでつなぐ。PinkoiがROOMSに出展!
►►►イベントレポート | クラフトフェアまつもとに行ってきました!
►►► Pinkoiクリスマスマーケット | 日本人デザイナーの台湾旅日記

テキスト & 写真:Ayumi

記事のカテゴリー:トピックス

記事執筆者は、外部サイトやブロガー・デザイナーが発信する情報、他者の著作物を引用する場合、必ずその帰属を表示します。引用元が不正確であった場合、または記載漏れは意図的になされたものではなく、通知を受けた後に修正を行います。Pinkoiで公表された全てのコンテンツを「私的使用」並びに「営利目的」で使用する場合には、以下のルールを遵守してください。

  1. 必ず引用元としてPinkoi.comと明記の上、URLをリンクしてください。
  2. 必ず本来の記事内容を保持してください。掲載されている全ての文章データ及び画像や動画、logoを無断で変更する事は禁じられています。
« 倫理ポリシー » 全文を読む
prev next