764,107点出品中

Pinkoiカレンダー「好悅曆」がもらえる。夜に行きたい台北のカフェ5選

Pinkoi はアジア最大級のデザイナーズマーケットです。日々の暮らしにも、特別な日の贈りものにも。優れたデザイナーによる、創造性ゆたかな商品をお楽しみいただけます!

Source : Ponpie

ひとりでほっと一息つきたい夜や大切な人とゆったり語り合いたい夜。ふらりとカフェに立ち寄りたくなることはありませんか?

今日は、くつろいだ夜時間を過ごすのにぴったりな台北のカフェをご紹介したいと思います。どのお店にもPinkoiオリジナルカレンダー「好悅曆」(はお ゆえ り)が置いてあるので、見かけた方は是非手に取ってみてくださいね!

 

月に一度のお楽しみ、「好悅曆」(はお ゆえ り)。

Source : Pei Chung

「好悅曆」(はお ゆえ り)は、月に一度デザイナーさんとのコラボでお届けするPinkoiオリジナルカレンダー。現在、台湾の約200のカフェやギャラリーに置いてあります。月ごとに異なる個性あふれる素敵なイラストをお楽しみください!

 

Peekaboo Coffee 彼咖舖咖啡

「いないいないばあ」という意味のPeekabooは、流行に敏感な若者たちが集う東区の路地裏にひっそりと佇むカフェ 。その名の通り、隠れ家的な存在です。クスノキの後ろにある扉を開けると、コーヒーのいい香りが漂います。

温もりを感じる木の座席と明かりが、アットホームな雰囲気を造り出している広々とした店内。訪れる人がくつろげるように、様々なタイプの椅子を組み合わせているのだそう。

私たちが訪れた金曜日の夜には、窓辺で読書に耽る人や、ソファーでおしゃべりをする人の姿が。心地よい静けさに包まれながら、それぞれが思い思いにゆったりとした時間を過ごしていました。

入り口近くに置いてあった好悅曆。「フライヤーコーナーに置くだけでなく店内にも飾っているんですよ。集めているお客さんから、取っておいてと頼まれることもあります。」とオーナーのKevinさんは笑顔で話してくれました。

Peekaboo Coffee 彼咖舖咖啡
Facebook
住所:台北市大安區忠孝東路三段251巷7弄2號
営業時間:13:00 - 22:00

 

 

海邊的卡夫卡 Kafka by the Sea

台湾の人気ロックバンド1976 のボーカル阿凱(アーカイ)さんがオーナーを務めるカフェ「海邊的卡夫卡 Kafka by the Sea」。お店の名前の由来は、阿凱さんが大ファンだという村上春樹の小説「海辺のカフカ」から。メニューには「ねじまき鳥クロニクル」に登場するトマトとチーズをはさんだサンドウィッチもあり、村上ワールドにじっくりと浸りたいハルキストにおすすめの一品です。

ライブイベントもできるようなカフェスペースを造りたかったという阿凱さん。平日はカフェとして、週末の夜にはライブも楽しめる空間として、たくさんの音楽やカルチャー好きが訪れます。地下には有名なライブハウス「河岸留言」もあり、夜になるとお店の前にはライブを待つ音楽好きの若者たちの姿が。のんびりとコーヒーを片手に、台湾のカルチャーシーンに触れてみるのはいかがですか?

海邊的卡夫卡 Kafka by the Sea
Facebook
住所:台北市中正區羅斯福路三段244巷2號2樓
営業時間:月~木 11:30 - 22:30、金土日 12:00 - 0:00

 

 

Le Park 公園咖啡館

「Le Park 公園咖啡館」は、築60年の古民家の窓から漏れるほのかな明かりが目印です。古い木の階段の軋む音や薄暗いアンティークの照明…。店内に一歩足を踏み入れると、まるでヨーロッパのクラシックなカフェに迷い込んだかのようなロマンあふれる世界が広がります。

Nina SimoneにSyd Barrett 、David Bowie…。所狭しと並んださまざまなジャンルのCDコレクションからは、店長温さんの音楽への愛と造詣の深さが垣間見えます。

ベーコンサンドウィッチとクレームブリュレを運びながら「僕の奥さんはPinkoiでy1,hsuanというショップを運営してるんですよ。店内のメニューは彼女お手製です」と気さくな笑顔で話してくれた店長の温(ウェン)さん。音楽に耳を傾けながら、まったりとしたひと時を過ごしていると時間が経つのも忘れてしまいそうになる、そんな居心地の良いお店です。

Le Park 公園咖啡館
Facebook
住所:台北市中山區遼寧街146號
営業時間:13:00 - 23:00(火曜日定休)

 

 

Nichi Nichi 日子咖啡

場所は、たくさんの人で賑わう中山駅のほど近く。「Nichi Nichi 日子咖啡」は、繁華街の喧騒が嘘のように静かな赤峰街の路地にひっそりと店を構えています。中国語で日々や暮らしという意味の『日子』には、心を込めて淹れたコーヒーが訪れる人の生活の一部になってほしいという想いが込められているのだそう。

オーナーの大捲(ダージュエン)さんに好きなコーヒーを尋ねると、迷わずエチオピアイルガチェフェとの答えが返ってきました。

シンプルなインテリアが心地良いこじんまりとした空間は、ついつい長居してしまいそう。

Nichi Nichi 日子咖啡
Facebook
住所:台北市大同區赤峰街17巷8號
営業時間:13:00 - 22:00

 

 

生活在他方 elsewhere cafe

2014年、仲のよい友人三人でオープンさせた「生活在他方 elsewhere cafe」は、大人から子どもまで楽しめるアートな空間。カフェスペースとカラフルな絵本であふれる書店スペースがある店内は、本好きが集う憩いの場。時には、ギャラリーとして個展が開かれることもあるのだそう。

カフェでひと休みした後は、奥にある書店エリアへ。しばしの間、童心に返って絵本の世界を楽しんでみるのはいかがでしょう?

生活在他方 elsewhere cafe
Facebook
住所:台北市中正區羅斯福路一段119巷3號1樓
営業時間:12:00 - 22:00(月曜日定休)

 

一日の締めくくりに、夜カフェでゆったりした時間を過ごしてみませんか?

台湾の注目スポットをチェック!
►►►注目のアートな街、台中のおすすめクリエイティブスポット4選
►►►Pinkoi 台湾デザイン散歩|食がテーマの創作空間「什物 a kind of café」
►►►Pinkoi 台湾デザイン散歩|多肉植物ファン必見のショップ「有肉 Succulent & Gift」

テキスト:Ayumi

記事のカテゴリー:トピックス

記事執筆者は、外部サイトやブロガー・デザイナーが発信する情報、他者の著作物を引用する場合、必ずその帰属を表示します。引用元が不正確であった場合、または記載漏れは意図的になされたものではなく、通知を受けた後に修正を行います。Pinkoiで公表された全てのコンテンツを「私的使用」並びに「営利目的」で使用する場合には、以下のルールを遵守してください。

  1. 必ず引用元としてPinkoi.comと明記の上、URLをリンクしてください。
  2. 必ず本来の記事内容を保持してください。掲載されている全ての文章データ及び画像や動画、logoを無断で変更する事は禁じられています。
« 倫理ポリシー » 全文を読む
prev next