「台湾漢方」で心も体もほっこり。寒い日の温活のススメ。

寒い冬、女性にとっての大敵といえば「冷え」ですよね…。
これからやってくる本格的な冬に備えて、この時期は体を温めたい。
そんなときにおすすめなのが、体に優しい「漢方」です。昔から取り入れられている伝統的な療法なだけに、毎日続けると体が変わっていくのがわかるんです(編集部調べ)。

日常に「台湾漢方」を取り入れて、この冬、温活を始めてみませんか?

毎日続けやすい漢方「LOMOJI

なかでも、おすすめなのが「LOMOJI」の漢方茶&漢方足浴。漢方茶だけでも、なんと9種類もあるんです。美肌やむくみの解消、ダイエットなど女性が抱えている悩みに応えてくれる効用を持つお茶が揃っています。

今回は、そんな漢方茶のなかでも
・女神(顔のたるみを予防)
・養聲(喉の潤いをケア)
・除湿(体のむくみを取る効果)
の3種類をご紹介。

すべてティーパック(1箱に10パック入っています)なので、手軽に飲みやすいんです。飲み方も簡単!ティーパックをカップに入れ、100度の熱湯を350cc注いだら約5分おくだけ。
漢方というと、葉っぱから煮出したり、淹れたりするのが面倒くさいというイメージがありますが、これならすぐに飲めるのが嬉しいですよね。

しかも1パックで2〜3杯作れるんです。オフィスでも自宅でも、好きなタイミングで飲めちゃいます。

 

>> 女神養成養生茶  / アンチエイジング・自分を大切に。

美白・美肌効果があり、血液をきれいにしてくれる効果を持つ「洛神花」に、体の衰えを防いでくれる「山査子」、さらに胃腸の調子を整えてくれる「甘草」が入っています。もちろん100%天然素材を使っているので、安心。

女神養成養生茶 はお湯を淹れると、なんと真っ赤に。びっくりするくらい赤くなります(笑)。
そして気になるお味は…、ほんのり甘酸っぱくて飲みやすい!
漢方は苦いというイメージを持っている人も多いと思いますが、この漢方茶は苦味がないので、ほっと一息つきたい…というときにも◎ これなら毎日気軽に続けられそうです。

※ 空腹時は、お飲みいただけません。
※ 生理中、妊娠中、授乳中はお飲みいただけません。 

>> 喉養生茶  / 喉の調子をケア

乾燥しがちなこの季節。朝起きると喉が痛い…。なんていうことも多いですよね。そのまま風邪を引かないように、今のうちからしっかりケアを。

喉養生茶には喉の痛みを緩和してくれる「莫大」と、咳を鎮めてくれる「羅漢果」が入っています。なんと羅漢果(らかんか)は、神様の果物とも呼ばれているもの。砂糖の400倍以上の甘味成分があるのに、ほとんどノンカロリーなんだとか。

そんな喉養生茶のお味は…、羅漢果の甘さなのか、とっても甘い!のど飴を溶かしたような、まろやかな飲み心地と味わいが喉を潤してくれます。

風邪気味かなというときや、喉にちょっと違和感があるなというときには、飲んでおきたいお茶。

※ 高血圧、低血圧、風邪による咳、冷え性体質の方にはおすすめしません。
※ 生理中、妊娠中、授乳中、幼児はお飲みいただけません。

>> 体内除湿養生茶  / 体のむくみを取る

体のなかに余分な水分や老廃物が溜まっている気がする…。
なんだか体がいつもより重い…。
そんなときに飲んでみてほしいのが、この体内除湿養生茶。

利尿とむくみ解消に効果のある「黒豆」、美白・美肌効果が期待できる「ハトムギ」、体内の除湿をしてくれる「茯苓」、胃腸の調子を整える「甘草」が入っています。

黒豆茶に近い味わいですが、苦味というよりも甘みを感じます。今回紹介した3種類のお茶のなかでも、個人的には一番日常に取り入れやすいお茶。香りも良くて、癒されます。

自然の素材がたっぷり使われているから、飲むだけで体のなかから、きれいになれている気がします(笑)。

LOMOJIの漢方茶シリーズは、1箱に10パックのお茶が入っているので、まずは試しに10日間続けてみて。今なら3箱セットで、通常価格の20%OFF!温活を始めるのにもぴったりのタイミングです♩

※ 妊娠中、授乳中はお飲みいただけません。

>>寝る前に使いたい「足湯パック

足は第2の心臓でもあり、体の重要なツボが最も多く集まっているところ。それだけに、体を整えるためには足の健康が大切だと言われています。

温かいお湯のなかに、漢方パックを入れて足のツボを刺激。血流を促すことで、体全体を温め、代謝を上げていきます。

冷え性の改善を促進する足湯パックは、血流を促進する「紅花」、体のむくみを除去し血流を良くする「艾葉」、手足の冷えを改善し新陳代謝を上げる「乾姜」 、気の流れを整える「益母草」が入っています。

▶︎ 足湯の入り方
・温度:肌の負担にならにようにお好みの温度で。
・水量:足首から、ふくらはぎの間がベスト。
・時間:毎日20〜30分(体から軽く汗が出るくらい)

お湯のなかに漢方パックを入れると、黄色く色づいてきます。

足湯はスマホをいじったり、本を読みながらでも楽しめるのがいいですよね。20分も入っていると、じんわりと汗をかいてきて、運動したあとのような感覚に。お家に引き籠りがちな冬には嬉しいアイテムです♩

お湯から足を出したときのスッキリ感がクセになってハマってしまいそう(笑)。冬の間は、毎週1日だけでも足湯の日をつくりたい…。

1日の終わり、夜寝る前に入ると体がスッキリ。その日の疲れを癒してくれます。さらに生理の一週間前に利用すると、生理の不快感が柔らぐ効果も期待できるんだとか。

自宅で足湯って、あまり馴染みがないかもしれませんが、試してみるとハマってしまいます(笑)。気軽にできるので、ぜひ試してみてくださいね。

※ 空腹時、お酒を飲んだあと、運動後のご使用はお控えください。
※ 食後から1時間以上空けてからお使いください。
※ アレルギー、高血圧、体調不良、足に傷がある場合のご使用はお控えください。
※ 妊娠中、生理期間、高血圧の方のご使用はおやめください。

 

天然素材を使った優しい漢方で、心も体もほっこり。この冬は、ぜひLOMOJIの漢方シリーズで、温活を始めてみてください♩

記事のカテゴリー:編集部のおすすめ

記事執筆者は、外部サイトやブロガー・デザイナーが発信する情報、他者の著作物を引用する場合、必ずその帰属を表示します。引用元が不正確であった場合、または記載漏れは意図的になされたものではなく、通知を受けた後に修正を行います。Pinkoiで公表された全てのコンテンツを「私的使用」並びに「営利目的」で使用する場合には、以下のルールを遵守してください。

  1. 必ず引用元としてPinkoi.comと明記の上、URLをリンクしてください。
  2. 必ず本来の記事内容を保持してください。掲載されている全ての文章データ及び画像や動画、logoを無断で変更する事は禁じられています。
« 倫理ポリシー » 全文を読む