901,594点出品中

秋の旬に合わせて食器を選ぼう。食卓に季節感をプラスする6つのアイディア

Pinkoi はアジア最大級のデザイナーズマーケットです。日々の暮らしにも、特別な日の贈りものにも。優れたデザイナーによる、創造性ゆたかな商品をお楽しみいただけます!

秋色の手作り食器

季節に合わせて洋服を変えるように、食器も「秋仕様」にしてみませんか?今日は秋の旬の食材が映える、季節感あふれる食器を紹介します。

 

●初秋の味覚と器

・秋の味覚の王様さんま

秋の味覚といえば脂が乗った「さんま」を思い浮かべる人も多いのではないでしょうか?

秋の味覚さんまを備前焼に盛り付けようPhoto:ミスビット|おすすめの鮮魚

どっしりとした重厚感と土味がする備前焼の長皿は、焼き魚にぴったり。宗兵衛窯さんが作る1点物の備前焼は、今海外でも大変注目を集めています。

秋の食器にぴったりな手びねりの備前焼の長皿手びねり備前焼の長皿

 

・ジューシーな果汁があふれる梨

秋の梨は一口ごとに甘い果汁が溢れます。品種ごとに「甘さ」「酸っぱさ」「みずみずしさ」が違うので、自分好みに合う梨を見つけるも楽しいですね。

秋の味覚梨を手びねりのボウルに盛り付け

あずき色の器はフルーツの色を美しく見せてくれます。また1点ずつ手びねりで大事に作られているAYAKO SASAKIさんの器は、食卓に暖かみをプラスすることもできます。

秋色のボウルに梨を盛り付けるあずき色のボウル『coco#1』

 

●盛秋の味覚と器

・香り高い松茸

秋分の頃になると、スーパーでも松茸を見かけるようになりますね。ちょっとお値段はしますが、あの香りを嗅ぐだけで幸せホルモンが出てくる気がします。

秋の味覚松茸

松茸の香りとエキスを楽しめる「松茸のお吸い物」には、ぜひ白椿が描かれたこちらの器を。tadamihirotaさんのこの器は5回の焼成を経て作られたそうです。

碗付き碗で松茸のお吸い物を楽しむ白椿が描かれた蓋付き碗

 

・きらきら光る新米

日本人の主食「お米」も秋が収穫のとき。私の実家はお米を作っているので、毎年秋に新米が届くのが本当に楽しみです。

新米を新しいお茶碗で食べる

この時期にしか食べられない新米は栢野茂さんが作った小さな木製・漆のお茶碗でいただきましょう!木の風合いを残しつつも、オシャレでモダンなお茶碗。毎日のご飯タイムがココロ嬉しくなること間違い無しです。

漆のお茶碗で秋の味覚新米を食べる漆のハイセンスなお茶碗

 

●晩秋の味覚と器

・ほくほく茹でたての栗

秋の食材で忘れてはいけないのが「栗」。少しお塩を入れたお湯で40分ほど茹でれば、最高の3時のおやつに。

秋の味覚の栗

今年は茹で上がったホクホクの栗を「栗の形」のお皿に盛り付けてみましょう。716-zakkaさんのお皿は栗だけではなく、何を盛り付けても秋気分にしてくれるステキなお皿ですね。

秋の味覚を盛り付けたい栗の形のかわいいお皿まさしく「栗」のお皿

 

・秋の夜長はしっぽりワインを

お腹一杯「秋のおいしいもの」を楽しんだら、ワインで締めましょう!

秋に楽しみたいワインと旬の味覚

こちらのワイングラスは陶器で作られています。ワイン好きの陶芸家forestseed pottery factoryさんによると、いつものワインがちょっと上等に感じられるそうです。今年のボジョレーはこちらのグラスで乾杯しませんか。

秋の夜は陶器でできたワイングラスで乾杯陶器でできたワイングラス

 

食卓で四季の変化を楽しもう

待ちに待った食欲の秋。今年の秋は、旬の食材を味覚だけではなく視覚でも楽しんでみるのはいかが。四季の変化を敏感に感じ、そしてそれを楽しむ。日本人が昔から育んできた習慣を、大事にしていきたいですね。みなさんが楽しみにしている秋の味覚はなんですか?

 

秋色のお皿をもっと探す⇒陶器 

▶ ▶ 秋色ってどんな色?台湾の陶芸家が教えてくれました
▶ ▶ やさしい生成り色の器がいっぱい、秋に映える陶器はここから
▶ ▶ 秋色の力強い手びねりの作品からパワーをもらおう

テキスト:Yoko

記事のカテゴリー:今月の特集

記事執筆者は、外部サイトやブロガー・デザイナーが発信する情報、他者の著作物を引用する場合、必ずその帰属を表示します。引用元が不正確であった場合、または記載漏れは意図的になされたものではなく、通知を受けた後に修正を行います。Pinkoiで公表された全てのコンテンツを「私的使用」並びに「営利目的」で使用する場合には、以下のルールを遵守してください。

  1. 必ず引用元としてPinkoi.comと明記の上、URLをリンクしてください。
  2. 必ず本来の記事内容を保持してください。掲載されている全ての文章データ及び画像や動画、logoを無断で変更する事は禁じられています。
« 倫理ポリシー » 全文を読む
prev next