【受注生産品】ろくろ挽きの桑の木の茶筒(大)

お得な情報
  • 【新規会員限定】アプリからのお買いもので送料最大1,000円OFF!

ブランドについて ショップへ

PINT
PINT
日本
5.0
(90)
返信率:
94%
返信まで:
1〜3日
発送まで:
1週間以上
【受注生産品】ろくろ挽きの桑の木の茶筒(大)

商品説明

【受注生産品です。通常、継続的な生産はしていない作品になります。ご希望の方は、メッセージにてご連絡をお願いいたします。生産可否・お届け日程の確認を行い、お返事致します。その後ご注文をいただく流れになります。】 人気をいただいている欅の木の茶筒の別の樹種です。 欅の木の茶筒はこちらです。 小 http://www.iichi.com/listing/item/116177 大 http://www.iichi.com/listing/item/116181 こちらの作品は、木は国産材の桑を使用。 欅よりもマットな色味で、渋みがあります。 同じ形を作るにも、木のよって、柔らかさ、密閉性(密度や道管の太さなどが関係します)の違いにより、その難易度やものづくりは異なります。 桑の木の茶筒は珍しく、素材も確保しにくいため、職人さんも滅多に作らないものですが、特別に材料の調達と、製作をしていただきました。 独特の重厚感があり、特別な木の茶筒です。 欅の木に比べて、道管が大きいため、合わせ蓋が欅よりもすーっと滑らかに落ちる印象があります(木の無垢材なので個体差があります)。 以下は欅の木の茶筒の説明を引用します。 木の茶筒はたくさんありますが、蓋を開け閉めしてみると、その精度がわかります。 きつくて音が出てしまうもの、ゆるくてすかすかな合わせのもの。 もちろん、茶筒なのでまずしっかりと密閉されることは第一条件ですが、職人の中でもトップクラスの、ミリ単位のろくろ挽きの技術を要します。 密閉性はもちろんのこと、やはり開け閉めの度に感じる心地よさをおすすめしたいです。 この茶筒は、 蓋を茶筒口に合わせると、自重で空気を出しながらスーッと閉まります。 最高精度のろくろ挽き技術で、真っすぐに、ぴたりと挽かれているからできるクオリティ。 使うたびに気持ちのよい道具です。 形状の密閉性に加え、木は呼吸して生きています。 ウレタン塗装などで面を覆いつくしておらず、オイル仕上げを施していますので、木の特性である、中の湿気を外に逃がす効果があると言われています。 使うたびに気持ち良い道具、そして長く使い込んで育ってゆく道具です。 2サイズあります。 こちらは大きいサイズです。 【サイズと茶葉容量】 大 φ7.6cm×14.6cm(茶葉容量目安:煎茶で約100〜150g) (小 φ7.6cm×8.9cm(茶葉容量目安:煎茶で約40〜70g)) 茶葉により異なりますので、あくまで目安です。 【素材】 桑(オイル仕上げ) 国産材 【箱】 和紙貼箱入 取扱説明書添付

商品情報

素材
木製
在庫
残り1点
人気度
  • チェックされた回数 2,646回
  • 30 人がお気に入り登録

送料とその他の情報

支払方法
クレジットカード決済, コンビニ決済, ドコモケータイ払い, 銀行ATM振込(Pay-easy決済), Alipay
返品・交換のお知らせ
返品・交換のお知らせを見る

レビュー