1,080,979点出品中
送料無料
槌目ブレスレット U154S

商品詳細

  • ショップ
  • 商品カテゴリー
    素材
    その他
    オーダーメイド可能な商品
    数量
    残り 1 点
  • 平松保城(1926〜2012)は、日本におけるコンテンポラリージュエリー、クラフトジュエリーのパイオニアとして知られています。その作品は国際的にも高く評価され、東京国立近代美術館、皇居、東京藝術大学資料館、ロイヤルカレッジ・オブアート、エジンバラ美術館、ヴィクトリア&アルバート博物館などに収蔵されています。

    平松氏は彫金工芸家・平松宏春の長男として大阪市で生まれました。終戦までの約3ヶ月間を軍隊で過ごした後、1947年に東京美術学校(現・東京藝術大学)工芸科彫金部に入学。優れた教授陣のもと研鑽を積みました。戦争体験は作家としての形成に大きな影響を及ぼし、「人間が生きる上で真に価値のあるものを作りたい」という気持ちから、生活に親しみやすいジュエリーの制作に取り組みました。

    【作品について】
    平松氏が作家として活動をはじめた1950年代は戦争からの復興期にあたり、社会や経済の発展にともない、日本のクラフト運動が興隆した時期でもあります。複数生産を前提とし、素材から形に至るまでのプロセスを徹底して簡略化させるというデザイン的な思考は、ほかの立体作品と共通するものです。

    表面の微妙な凹凸(槌目)は、“カラカミ”と呼ばれる金槌で、銀線(金属の太い線)を小刻みに叩いて生まれたもの。当初はアルミニウムで作られていましたが、その後、銀(シルバー950)に材料がグレードアップされ、いまなおロングセラーを続けています。平松氏が亡くなってからは、長男の平松宏造さんが工房を受け継ぎ、お一人で制作を行っています。受注生産品のためお届けまで2〜3週間ほどいただきます。

    最後に東京国立近代美術館工芸館発行の図録(かたちのエッセンス-平松保城の制作と思考 P7-10)より抜粋した文章をご紹介します。

    「槌目(つちめ)や撚り線(よりせん)によるリング、ごく薄い金属の皺(しわ)そのものを見せるブローチなどを見ればわかるように、平松のジュエリーは特別に高価な貴石を用いたものではない。寧ろ(むしろ)素材である金属と向き合い、道具や手を用いて働きかけ、そこから引き出された固有の表情とフォルムを一致させている点にこそ、魅力がある」

    「金属の表面に鏨(がたね)で掘られた線彫り、リズミカルな槌目の跡が続く銀線、様々な幅の金属の線が生み出す大小のゆるやかなカーブ、線に限るものだけでも平松の作品には実にさまざまな線が発見でき、線そのものを鑑賞する楽しみがある。平松の作品においてとりわけ線の表現に多様さが見られるのは、鏨による線の味わいを様々に表現してきた彫金という技術をバックボーンとしていることと無縁ではないだろう」

    ※注文制作品です。お支払い完了後、2〜3週間後に作品をお届けします。

    【作品の仕様】
    サイズ:フリーサイズ
    内径:約62mm
    素材:シルバー950
    重さ:15g
    製造国:日本
  • 送料
    日本から発送
    発送先1個目の送料2個目の追加送料
    アメリカ送料無料
    カナダ送料無料
    オーストラリア送料無料
    マカオ送料無料
    シンガポール送料無料
    イギリス送料無料
    マレーシア送料無料
    中国送料無料
    日本送料無料
    台湾送料無料
    香港送料無料
    韓国送料無料
  • 支払方法
    クレジットカード安心決済, PayPal, LINE Pay, Alipay
  • 返品・交換のお知らせ
  • 通報

槌目ブレスレット U154S

数量:
US$407.52
この商品は「受注制作」です。お支払いが確認できてから、制作を開始しますので、ショップの休日を除く 20 日後に発送予定です。
お気に入り登録お気に入り登録でポイントゲット
【新規登録限定】72時間以内に初回購入で5%OFF!

その他の商品

ショップへ

デザイナーについて

お気に入り登録したユーザー 2 人がお気に入り登録

prev next