日本伝統技法緋銅 囍ペンダントネックレス 漢字シリーズ

商品詳細

  • ショップ
    返信まで:数時間以内
    返信率:100%
  • 商品カテゴリー
    素材
    制作方法
    ハンドメイド
    原産国
    日本
    数量
    残り 1 点
  • おすすめポイント
    緋双喜。漢字の喜の成り立ちは、鼓の形に笑っている口の形を加えた後、両手で「吉」の字を捧げるカタチを表しています。下の口のデザインは笑っている口。真ん中の膨らみは、めでたいことが大きくなりますように。との願いを込めています。
  • 新しい作品ができました!
    囍(Xǐ)は、英語ではDouble Happinessです。中華圏で用いられる「喜」を横に二つ並べた「囍」の字を意匠化したデザインで、双喜紋(そうきもん)と言います。

    縁結婚式や春節など赤と合わせて縁起物として用いられる。今回は緋銅との組み合わせによって、緋双喜の誕生です。漢字の喜の成り立ちは、鼓の形に笑っている口の形を加えた後、両手で「吉」の字を捧げるカタチを表しています。なので、下の口のデザインは笑っている口です。

    真ん中の膨らみは、めでたいことが大きくなりますように。との願いを込めています。また、左右の喜を縦線と横線を連結することで、永遠という意味を込めました。

    パット見で、何かのアニメヒーローの顔にも見えるデザインです。結婚式や春節にかぎらず、お誕生日、記念日のプレゼントにも自信をもっておすすめします!

    <魅惑の緋色は日本伝統技法の緋銅>
    【緋銅とは】
    古来より武具の装飾などに用いられてきた伝統技法のひとつ。

    【緋銅の作り方】
    綺麗に磨いた純銅を『限界』まで熱して、いいタイミングでホウ砂水溶液の中で急冷することで、銅本来の特殊な緋色の皮膜を定着させる非常に困難な技法です。

    【銅の色】
    釉薬や塗料といった発色材料(コーティング)を使用していない自然な発色です。また、仕上げに蜜蝋、研磨剤など一切使用しておりません。

    <作家から一言>
    ひとつの作品を作るために、最初に厚さ1.0㎜の銅板から糸鋸で切り出します。ヤスリで削り成形した後に、焼きなましをして真ん中を叩き出します。漢字を下書きしてから、丸バーで削っていきます。丸バーの先端の大きさを変えて、何度も削っていきます。最後、形が整ったところで、表面をきれいしていきます。研磨の最後は、バフでピカピカに輝くまで磨き上げます。

    最後に緋銅の作業となります。
    銅の融点は1083℃に対して、1,000℃近い温度の火で表面をあぶります。焼きすぎると当然溶けます。色を均一に出す技術を必要とします。

    【鮮やかな緋色】
    最高の緋色は、非常に困難な技術です。
    ・前処理での綺麗な磨き
    ・炎の状態
    ・炙る位置(銅板の火の当て具合)
    ・融点寸前の金属の色の見極め
    ・硼砂水溶液の状態
    ・素早くホウ砂(飽和液)水溶液に入れ急冷するタイミング
    などすべての条件を満たしたときに、最高ランクの緋銅が完成します。

    ホウ砂水溶液に入れると、ジュッと…。取り出すと目を奪われるほどの緋色と銅の内面から光輝いていました。何度見ても、その色合いと輝きに見惚れています。銅がこんなにも美しいものなのか、誰もがこの緋銅を見て感じることでしょう。

    くりむそんの作品は、一つ一つ真摯にお作りしています。緋色は、火の入れ方により多少の色のむらや焼けがございます。また、火の当らない裏面は、かなりの確率で色のむらとなります。毎回同じようになりません。しかし、それもまた銅の自然な色合いと風合いを楽しんでいただける世界にたったひとつしかない作品として自信をもって販売しております。

    <仕様>
    プレート:純銅(縦17mm、横17mm)
    バチカン:SV925
    SV925あずきチェーン40cm(メッキ加工)

    <お手入れ方法>
    緋銅の色は酸化皮膜を利用したものです。表面の色合いを長く楽しむコツは、使用中、使用後は表面が他のものとぶつからないように管理してください。また、柔らかい布で乾拭きをすると輝きを長く保つ事ができます。チャック付の小袋などに入れておくこともお勧めします。

    <銅材おススメのポイント♪>
    ・銅はお水を傷めにくい(濁りにくい、臭いにくい)
    ・銅は古式な呼び名は「アカガネ」。金属の中で唯一"赤"の色をもっている
    ・10円玉をはじめ硬貨の素材であり、馴染みがある

    <赤い色のアイテムのポイント♪>
    一般に赤い色は「めでたい、喜ばしい慶事、にぎやか」の意味を表し、「おめでたい色」、「縁起がよい色」とされています。
    神社仏閣の鳥居の赤、赤飯、赤ちゃん、還暦祝いなど…縁起のよい赤い色のアイテムを身につけましょう。

    <結婚7周年は銅婚式>
    銅婚式は結婚7年目という家族や財産など、安定する時期を「銅」に例えて、その安定を祝います。
  • 送料
    日本から発送
    発送先1個目の送料2個目の追加送料
    アメリカUS$ 6.39US$ 0.00
    カナダUS$ 6.39US$ 0.00
    マカオUS$ 6.12US$ 0.00
    シンガポールUS$ 6.12US$ 0.00
    マレーシアUS$ 6.12US$ 0.00
    日本US$ 4.59US$ 0.00
    タイUS$ 6.12US$ 0.00
    台湾US$ 6.12US$ 0.00
    香港US$ 6.12US$ 0.00
    その他の国・地域US$ 7.11US$ 0.00
  • 支払方法
    クレジットカード安心決済, PayPal, LINE Pay, Alipay
  • 返品・交換のお知らせ
  • タグ
  • 通報

日本伝統技法緋銅 囍ペンダントネックレス 漢字シリーズ

数量:
US$ 62.95
お支払いが確認できてから、ショップの休日を除く 5 営業日以内に発送予定です。
お気に入り登録お気に入り登録でポイントゲット
【新規登録限定】72時間以内に初回購入で5%OFF!

その他の商品

ショップへ

デザイナーについて

prev next