妖怪掛け軸091・片輪車ver2(滋賀)

US$ 64.53
  • お支払いが確認できてから、ショップの休日を除く 5 営業日以内に発送予定です。
お得な情報
  • 【新規登録限定】72時間以内に初回購入で5%OFF!
  • 【10/22まで!】US$ 70.00以上ご購入でUS$ 5.00OFF、US$ 120.00以上ご購入でUS$ 10.00OFF、US$ 200.00以上ご購入でUS$ 20.00OFF
  • まとめ割: 2点以上お買い上げで US$ 9.22 引き、3点以上お買い上げで US$ 27.65 引き

クーポンが複数ある場合、実際適用される割引はカートの内訳に従います。

もっと見る

商品情報

素材
化学繊維
制作方法
ハンドメイド
原産国
日本
在庫
残り1点
人気度
  • チェックされた回数 201回
  • 0 人がお気に入り登録
おすすめポイント
飾りやすい大きさと、耐久力に優れた1点ものの掛け軸です。

ショップについて

大蛇堂

日本
返信率:
-
返信まで:
-
発送まで:
1週間以上
妖怪掛け軸091・片輪車ver2(滋賀)

商品説明

【妖怪説明】 「諸国里人談」「譚海」「諸国百物語」などにある。 寛文(1661〜1672)の近江国甲賀郡(現・滋賀県)では夜な夜な火に包まれた片輪の車に女が乗って徘徊するという。村中戸締まりをして門を閉ざしていたが、ある女が隙間から覗いたところ「我見るよりも我が子をみよ」というので子供を探すが、すでにいない。 嘆いた女が「罪科は我にこそあれ子車の やるかたわかぬ 子をばかくしそ」という一首を戸口にはりつけたところ、翌晩やってきた片輪車が「やさしの者かな、さらば子をかえすなり。我、人に見えては所にありがたし」と言い、子をかえしたという。 この話が信州に置き換えられると男の顔になる。 今では男版は「輪入道」と別の妖怪になっているが、もともとは片輪車だったようだ。 【商品説明】 直筆サインが入った1点ものの掛け軸です。 表装(絵柄)以外の部分も特殊加工の印刷により仕上げてあります。 すべて布製ですので耐久性に優れており、収納もしやすくなっています。 表装部の大きさ 幅30cm x 高さ60cm

送料とその他の情報

支払方法
クレジットカード決済, PayPal, LINE Pay, Alipay
返品・交換のお知らせ
返品・交換のお知らせを見る