狐面 Gothic Ver. ( Metal Red )

US$ 302.35
  • お支払いが確認できてから、ショップの休日を除く 3 営業日以内に発送予定です。
お得な情報
  • 【新規登録限定】72時間以内に初回購入で5%OFF!

商品情報

制作方法
ハンドメイド
原産国
日本
在庫
残り3点
人気度
  • チェックされた回数 2,737回
  • 合計販売点数:1点
  • 66 人がお気に入り登録
おすすめポイント
和とゴシックを融合させてみました。

ショップについて

朧~OBORO~

日本
返信率:
90%
返信まで:
数時間以内
発送まで:
1週間以内
狐面 Gothic Ver. ( Metal Red )

商品説明

⭐︎和とゴシックを融合させてみました⭐︎ ゴシック(Gothic)とは、もともと12世紀の北西ヨーロッパに出現し、 15世紀まで続いた建築様式を示す言葉ですが、 この用語は絵画や彫刻など美術全般の様式にも適用されています。 今日のポピュラーカルチャーにおいてゴシックという言葉は、反時代性、古めかしいものや死のイメージに対する愛着、精神的暗部への傾きといった特徴が見られます。 ファッションにおけるゴシックは、15世紀前半に西ヨーロッパで生まれ、 はっきりとした色使い、奇抜な装飾、誇張された体系が特徴でした。 多義的で曖昧ですが、闇、死、廃虚、神秘的、異端的、退廃的、 色で言えば『黒』といったイメージで表現されるものが多い様です。 こちらの狐面には、ゴシック建築やギリシャ彫刻における代表的なモチーフである『アカンサス』の葉を、面全体にレリーフで装飾しております。 狐面を装着するのは、その昔キツネが取り憑いた者に神通力を与えると言われ、その力を授かる為と言われています。 その他に、キツネはネズミをよく食べるので、害獣退治のためキツネを農家が尊んだそうです。 また、食べ物の神を「御食神(ミケツカミ)」といい、これがなまってキツネ信仰になった説もあります。 特に、農家や食べ物関係(商売繁盛)の人には、有り難い神様とされています。 FRP(繊維強化プラスチック)製 高級正絹江戸打ち紐使用 裏面和紙張り仕上げ 狐の顔 約縦240mm横160mm(顎から耳の付け根まで190mm)女性向けサイズです。 重量約230g(手づくりですので多少の個体差があります。) 『朧~OBORO~』の狐面はこれまでに男性のお客様にも多数ご購入いただいておりますが、顎に乗せられて装着されたり、頭上に斜めがけや身体の一部に巻きつけられたりと、様々な装着方法でご使用いただいております。 インテリアとして飾られているお客様もいらっしゃるようです。 能における能面などは小さく作られております。「あごから首にかけての動きが見えることによって、見る側に感情の微妙な部分が伝わる」ということのようです。 ということもあり、男性向けのサイズは作られないのですか?というお問い合わせをいただきますが、大きなサイズのものは現在お作りしておりません。 小さめなサイズの方が、表情の凝縮を図れるということもございます。 男性のお顔が収まる大きさに作ると、実際に被ると、頭デッカチなサイズ感となってしまいます。ですので『朧~OBORO~』の狐面は女性向けサイズのみとなっております。 実際に被れるお面です。顔のサイズをお確かめください。 FRPなので軽い衝撃に強く簡単には壊れません。 箱は付属しておりません。 箱が必要な方は箱(狐面用)をお買い求めください。 産地/制作方法 産地/日本 ハンドメイド

送料とその他の情報

支払方法
クレジットカード決済, PayPal, LINE Pay, Alipay
返品・交換のお知らせ
返品・交換のお知らせを見る