【即納品可能】イタリアンレザー*カード12枚長財布 「series-envelope」leaf green

お得な情報
  • 2/17 前,用 APP 下單,商品金額滿 US$ 50.00 立折 8%,每一帳號限使用一次
  • 【新規登録限定】72時間以内に初回購入で5%OFF!

クーポンが複数ある場合、実際適用される割引はカートの内訳に従います。

商品情報

素材
その他
オーダーメイド可能な商品
在庫
残り1点
人気度
  • チェックされた回数 1,077回
  • 9 人がお気に入り登録

ショップについて

返信率:
87%
返信まで:
1〜3日
発送まで:
1週間以上
【即納品可能】イタリアンレザー*カード12枚長財布 「series-envelope」leaf green

商品説明

封筒のカタチが好きです。 長方形と対角線の織りなすリズム、その中央で封を留める様子。 そんな封筒のカタチをもとに、たくさん入ってたくさん使える長財布を作りました。 *材質:最高級イタリアンレザー(イタリア・テンペスティ社製) *サイズ:T110×W200×D35ミリ(多少の誤差はお許し下さい) *革質:しっかりとした厚みと、手馴染みの良い滑らかな革質、染料染めで自然なムラと透明感のある革です。 *カラー:leaf green(経年や日焼け、摩擦等により、より深い色合いに変わります) 【上質なオイル仕上げのイタリアンレザーを使って作られた、大容量の長財布】 大きく開く折りマチ式。ファスナーも大きく開いて小銭が取り出しやすいです。 カード入れは横差し式で12枚。カードをたくさん持ちたい方におすすめです。 しきりもたくさん、前しきりは内フタ付きです。また、背面にも仕切りがありますので通帳などを入れてもお使い頂けます。 【本革製品を選ぶ際、知っていただきたいこと】 皆さんは、「本革」と一口に言っても、その性質や価格には大きな違いがあることをご存知でしょうか。 実際、「本革製品」と表示がされていても、その価格は実に様々です。 価格の差はデザインや製作工程にもよりますが、「革の材料費」というところで比較しても、同じ本革で10倍以上もの差が生じることも珍しくありません。 なぜそれほど違いが出るのか。その理由を以下に記します。 革には大きく分けて二つの製法があります。「クロム鞣し」と、「植物タンニン鞣し」です。 現在、市場で流通している革は、「クロム鞣し」化学成分を用いて鞣された革が主流です。 クロム鞣しの革は、表面が比較的均一に仕上がり、柔軟性があり、熱に強いという長所があります。 また、短時間で大量に仕上げられるためコストも安いのですが、そうした長所の反面、本革を使う醍醐味である「経年変化」が出にくい革でもあります。 経年の傷や汚れは、変化せずそのまま傷汚れとして残り、「劣化」として目に映ります。 言い換えれば【クロム鞣しの革は大量生産に向く素材であり、仕上げられた時が一番美しい革】と言えると思います。 一方、「植物タンニン鞣し」という、植物の渋を用いて鞣された革は『ヌメ革』と呼ばれています。 ヌメ革の鞣しは古来からの製法です。原皮の風合いを留めた仕上がりで、表面は生来の傷や血筋痕の影響が出やすく、部位によって柔らかさも異なります。 長い時間をかけて仕上げるためコストも高く、安定した素材とは言い難いのですが、長く使うことによる艶の変化や、色合いの深みを増していく様子など「経年変化」が堪能できる革です。 【ヌメ革は古くからの製法で、時間とコストがかかるが、手にしたときが完璧なのではなく、長い時間をかけて愛着が増していく革】と言えると思います。 皆さんが革という素材に求めていること、それは「長く寄り添える素材」ということではないでしょうか。 『せっかく革製品を持つのだから、長く使うことでその変化を味わえる革を選んでほしい』 そうした考えから、KALEIDOSCOPEの作品は「ヌメ革」に焦点を絞って製作しています。 【この作品で使用している革は、イタリア・テンペスティ社製で製造されている、最高級イタリアンショルダーです。「使えば使うほど美しく」長く使い込むことを考えて、最も適した素材を選びました。】 数多くのタンナーが集まるトスカーナ地方でも植物鞣しの生誕地と言われるサンタクローチェ地区にある老舗タンナーであるテンペスティ社で製造された、上質なイタリアンシングルバットです。 100%染料で仕上げられた自然な色ムラと「引き脂」仕上げを行わずじっくりと時間をかけ通常の1.5~2倍量加えらたオイルのバケッタ仕上げが特徴の革を使用しております。 【金具はできるだけ、真鍮無垢材を使用しています】 革と同じく、使い込むほどに味が出ます。 お使いはじめは、革に張りがあるため、金具が固く閉めづらく感じる場合がございますが、お使いいただくうちに馴染みます。 バネホックも磨耗するので、初めから閉めやすくしてしまうと、短期間でホックが緩くなる恐れがあるためこのような調整にしております。 【製作でのこだわり】 なるべく手作業で。 KALEIDOSCOPEの作品は「自分で研いだ革包丁で極力手裁断で作る」ということにこだわっています。 型紙も、厚紙に描き手裁断で製作しています。 一点ずつの手仕事感を感じていただければ嬉しいです。 産地/制作方法 産地:日本 ハンドメイド(イタリアの高級皮革を日本に輸入し、日本の職人がデザイン、製作しました)

送料とその他の情報

支払方法
クレジットカード決済, PayPal, LINE Pay, Alipay
返品・交換のお知らせ
返品・交換のお知らせを見る