大豆キャンドルライブラリブレンドポータブル缶-琥珀とクローブ

自動翻訳(原文:英語)
4.5 (2)
1,700
  • お支払いが確認できてから、ショップの休日を除く 2 営業日以内に発送予定です。
お得な情報
  • 【新規会員限定】登録後7日以内アプリからのお買いもの送料無料(最大¥ 500OFF)

ブランドについて ショップへ

waxvalley
waxvalley
タイ
5.0
(186)
前回オンライン:
3〜7日前
返信率:
98%
返信まで:
数時間以内
発送まで:
1〜3日
大豆キャンドルライブラリブレンドポータブル缶-琥珀とクローブ

商品説明

https://c2.staticflickr.com/8/7883/31749439977_b86539e862_b.jpg 「静かなのは新しい大音量」というフレーズから着想を得た大豆キャンドルブレンド。 静かな場所が最も大きな音を出しますが、私たちが言及する音は内側の音です。あなた自身と一緒にいる完全に完璧な時期があり、あなたの内なる声を再考し、あなたのアイデンティティは正確に何であり、あなたの魅力と情熱は何ですか。 この想いから、温かみのある琥珀色とクローブ独特の香りが融合した落ち着いたポーション「ライブラリーブレンド」を創り出し、薄暗い図書室を歩いているような落ち着きと集中感を演出します。赤い棚とアンティークの本。 **ブレンド**:ライブラリ(琥珀とクローブ) **雰囲気**:ライブラリ **シリーズ**:ポータブル缶(7オンス/ 210グラム) **寸法**:Ø3 "x H 2.5" **点灯時間**:約キャンドルあたり30時間 天然大豆蝋を100%使用し、綿芯を1本使用しています。きれいに軽く、より良い香りと環境にやさしい。プレミアムフレグランスオイルとのブレンド。化学薬品や染料は追加されていません。 大豆蝋の利点: ●環境にやさしい ●長持ちし、より良い香り ●天然資源栽培 ●低融点 ●きれいに燃え、黒い煤はありません ●溶けた蝋でオイルをマッサージする 落ち着いたウッディな雰囲気がお好きな方には、他のブレンドをお勧めします。 ●ウッドランドブレンド(ユーカリとサンダルウッド): https://en.pinkoi.com/product/dyBrkD7J https://live.staticflickr.com/65535/49560260862_167edd84e1_b.jpg キャンドルを正しく燃やす方法: •新しいキャンドルを初めて使用するときは、蝋がガラスの壁の端まで溶けるようにして、将来の使用で均一に溶けるようにしてください。 •燃焼するときは、芯が直立したままであることを常に確認してください。ろうそくの炎や芯がガラスの側面に接触しないようにし、該当する場合は常に両方の芯に火をつけてください •各火傷の前に、必ず芯を5mmにトリミングしてください。芯がトリミングされていない場合、黒い残留物が移動する可能性があります •キャンドルが消灯しているときは、清潔で濡れた布で残留物を取り除きます •燃焼中は、常に安定した耐火性の表面にキャンドルを置いてください •ろうそくを消すために蓋を使用しないでください •一度に4時間以上キャンドルを燃やさないでください •ガラスの底に1cmの蝋が残ったら、キャンドルの燃焼を止めます •点灯中はキャンドルを動かさないでください。ろうそくが消え、蝋が固く、瓶が冷えていることを確認してから取り扱います •ろうそくは常に視界内で燃やし、放置しないでください。窓や扇風機などの風通しの良い場所での火傷は避けてください。 蝋 Valley Candle Co.は、「雰囲気をあなたのものにする」ことを目的とした、手作りおよび手作業で注がれた大豆蝋キャンドルメーカー、愛好家、サプライヤーです。 https://c2.staticflickr.com/8/7845/45965655634_7ff566c26f_b.jpg https://c1.staticflickr.com/5/4900/46637876992_dd088f8fbc_b.jpg

商品情報

制作方法
ハンドメイド
製造地
タイ
在庫
残り5点
人気度
  • チェックされた回数 1,662回
  • 合計販売点数:15点
  • 31 人がお気に入り登録
販売許可
オリジナル商品
おすすめポイント
大豆キャンドルライブラリーポータブルブリキと琥珀色とクローブの組み合わせでライブラリーの雰囲気を演出

送料とその他の情報

送料
支払方法
  • クレジットカード決済
  • コンビニ決済
  • d払い
  • 銀行ATM振込(Pay-easy決済)
  • Alipay
  • GMO後払い決済
返品・交換のお知らせ
返品・交換のお知らせを見る

レビュー